わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ランドロック!リビングのサイズとインナーテントのサイズを詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211024070854j:plain



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています」

 

今回紹介する2ルームテントも、いろいろなメーカーから発売されており、形もさまざま。

 

f:id:MAAKATU:20211004235324j:plain

 

 

 

 

「購入する時、どのメーカーのどの種類の2ルームテントを選んだらいいか迷います」

 

購入に迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方向。

 

我が家がキャンプ用品で、ロングヒット商品をおすすめする理由は、廃盤になる確率が低く、流行りすたりがないので、長く使用できるから。

 

長く使用しても、古臭さを感じないのが、ロングヒット商品の良いところ。

 

f:id:MAAKATU:20211007012628j:plain



 

 

スノーピークから発売されているランドロックも、昔から人気のあるロングヒット商品」

 

めちゃくちゃ爆売れしているということはないですが、楽天の売れ筋テントランキングで、よく見かけることがあります。

 

f:id:MAAKATU:20211024070814j:plain

 

 

 

 

「爆売れはないですが、コンスタントに売れている2ルームテントだと思います」

 

ランドロックの値段は、17万円もするので、爆売れしない理由は、ここにあると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211024070847j:plain

 

 

 

 

「さて、値段のことに触れましたが、ランドロックの値段は17万円」

 

スノーピークのテントやシェルターで20万円以上で売っているものがあるので、スノーピーク好きな人からしたら、めちゃくちゃ高い値段とは感じないと思います。

 

でも、一般的に見れば、17万円は高価な値段。

 

f:id:MAAKATU:20211024070926j:plain

 

 

 

 

今回は、スノーピークのランドロックは、17万円の価値があるのか? リビングのサイズと、インナーテントのサイズも含めて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 
 

ランドロック:

 

f:id:MAAKATU:20211024070928j:plain

 

 



サイズ:625×405×205(h)㎝


重量:22kg(付属品含む)


収納サイズ:
キャリーバッグ/75×33×36(h)cm、フレームケース/72×17×22(h)cm


セット内容:
本体、インナールーム、Aフレーム(×2)、Cフレーム(×2)、センターフレーム、リッジポール、ジュラルミンペグ(21cm×27)、自在付ロープ(1.5m×2、2.5m×4、3.5m×6)、シームグリップ剤、ペグケース、フレームキャリーバッグ、キャリーバッグ、コンプレッションベルト(×2)


対応人数:6名


室内高:205cm


フライ耐水圧:
ミニマム値:3,000mm(ルーフ部)、1,800mm(ウォール部) ボトム耐水圧 ミニマム値:




 

 

「ランドロックは2ルームテントなので、カテゴリーとして、テントの部類には入らず、シェルターの種類になります」

 

スノーピークのシェルターは、廃盤になる商品が少ないのが特徴ですが、でも人気のないシェルターは、やはり消えていきます。

 

f:id:MAAKATU:20211024070923j:plain

 

 

 

 

「我が家も経験がありますが、高い値段で購入したけど、シェルターやテントが廃盤になってしまうと、使いづらいという思いになってしまいます」

 

 テントやシェルターに限っては、古いものより新しいものがいいと思う人が多いです。

 

だから、廃盤になるテントやシェルターは、選んではいけないということになります。

 

ランドロックは、昔も今もコンスタントに売れている2ルームだからこそ、廃盤になる確率が低く、流行りすたりがありません。

 

f:id:MAAKATU:20211024070827j:plain



 

 

「長く使っても、古臭さを感じないのが、ランドロックを購入するメリット」

 

価格が17万円もする2ルームテントですが、長く使えば元が取れます。

 

17万円のテントを購入する一番の理由は、長く使えるかどうか、それに尽きると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211024070906j:plain

 

 

 

 

「生地は、しっかりとしていて丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211024072729j:plain



 

 

「今爆売れしている、エントリー2ルームエルフィールドと比べても、質感と幕の厚みが全く違います」

 

エントリー2ルームエルフィールドは、どちらかというと、生地質からいえば、アメニティードームに近い感じ。

 

アメニティードームの少し厚めの感じが、エントリー2ルームエルフィールドと思ってもらえればよいと思います。

 

ランドロックとエントリー2ルームエルフィールドは、別物という雰囲気があります。

 

f:id:MAAKATU:20211025060019j:plain

f:id:MAAKATU:20211025060017j:plain



 

 

「フレームの素材は、直径19mmのアルミニウム合金ジュラルミンA6061が使われており、軽いのに丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211024072731j:plain



 

 

「インナーテントも、しっかりとしています」

 

f:id:MAAKATU:20211024072719j:plain



 

 

「インナーテントのサイズは、374×240cmで高さ190cm」

 

4人家族でも、広々と就寝ができます。

 

幅大きさ共に、全く問題はなく、いろいろなことを踏まえてパーフェクト。

 

高さが190cmあるので、テントの中で立って着替えができる広さ。

 

f:id:MAAKATU:20211023213701j:plain




 

「リビング部分は、385×405cmで高さ205cmあり、4人家族でも、ゆうゆうと使えます」

 

高さが205cmあるので、数字以上の大きさがあります。

 

f:id:MAAKATU:20211024070832j:plain





「本体サイズは、625×405×205(h)cmあり、国内最大級の2ルームテント」

 

設営している姿を見ると、やはり王者だなという貫禄があります。

 

f:id:MAAKATU:20211024070928j:plain



 

 

「全周にスカートがあり、フルクローズできるので、春夏秋冬使える4シーズンテント」

 

f:id:MAAKATU:20211003165506j:plain



 

 

「6面メッシュにでき、高さもあるので、他の2ルームテントよりは、圧倒的に夏場は涼しいです」

 

f:id:MAAKATU:20211024070931j:plain



 

 

「ランドロック1張りで、春夏秋冬使え長く使用できるので、5年以上使えると考えたら、それほど値段は気にならないと思います」

 

17万もする2ルームテントを購入しようと考えたら、どれだけ長く使えるかに、限ると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211024070941j:plain



 

 

「流行りすたりかなく古臭さがなく、生地やフレームも丈夫」

 

アフターフォローもしっかりとしているので、数ある2ルームテントの中から、ランドロックを選ばれてもいいと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211024070847j:plain

 


 

 

 

 

なるほど!わかった!

 

f:id:MAAKATU:20211024070854j:plain

 

 

 

 

ランドロックは、国内最大級の2ルームテントだけあって、4人家族で使用しても広々。

 

昔から今も人気があるロングヒット商品なので、流行りすたりがありません。

 

生地とフレームも丈夫にできているので、長く使用できると思います。