わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプで石油ストーブを使うと危ない?我が家の方法を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain

 

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」 

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211007012621j:plain

 

 

 

 

「我が家が寒い季節、キャンプをするのに、必ず持っていくのが石油ストーブ」

 

石油ストーブは、寒い季節の必需品で、なくてはならないもの。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「キャンプで使う暖房器具に、なぜ石油ストーブが人気かというと、簡単手軽に使えるから」

 

石油ストーブは、灯油を燃料にしているので、電源がないサイトでも使用できます。

 

手軽に使える割には暖かいので、寒い時期のキャンプには石油ストーブが必要です。

 

f:id:MAAKATU:20211003172548j:plain

 

 

 

 

そんな手軽で暖かい石油ストーブですが、必ず一酸化炭素が発生します。

 

キャンプで石油ストーブは危ないのか?年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 

 

 

 

 「寒い時期、幕内を暖めるのに必要なのが暖房器具」

 

キャンプで使う暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブ・セラミックヒーター・電気ストーブなど、暖房器具がたくさんあります。

 

その中で、手軽で暖かく、寒い時期によく使われているのが石油ストーブ。

 

f:id:MAAKATU:20211125002208j:plain

 

 

 

 

 「石油ストーブは、寒い時期、キャンプをするのに必要なアイテム」

 

最近は、寒い時期にキャンプをする人も増え、それに伴い石油ストーブの種類も増えています。

 

f:id:MAAKATU:20211112012541j:plain

 

 

 

 

「我が家のおすすめは、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブ」

 

コロナ対流型ストーブをおすすめする理由は、デザインと暖かさ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 

 

 

 

 「ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

キャンプで有名な、我が家も使用するフジカハイペットは、暖房出力が2.5kw。

 

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain

 

 

 

 

「今回紹介する、コロナ対流型ストーブは6.59kw」

 

2.5kwのフジカハイペットと比べるて、かなり暖房出力高いです。

 

大型幕のランドロックでも、真冬のキャンプ、コロナ対流型ストーブ1台で快適。

 

f:id:MAAKATU:20211024070822j:plain

 

 

 

 

 「サイズは46×46㎝で、高さが59.8cmなので、サイズは少々大きいですが、その分暖かいです」

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 


 

 

 

 

 

一酸化炭素:

 

f:id:MAAKATU:20211124004734j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブをつけると、必ず発生するのが一酸化炭素」

 

一酸化炭素の濃度が高いと、一酸化炭素中毒になるリスクがあります。

 

そのリスクを踏まえた上で、幕内で石油ストーブを使用して下さい。

 

f:id:MAAKATU:20211125002219j:plain

 

 

 

 

「幕内で石油ストーブを使用する時に、気をつけてほしいのが幕内の換気」

 

換気をすることで、一酸化炭素中毒を防ぎます。

 

f:id:MAAKATU:20211125013523j:plain

 

 

 

 

「上部についている換気口、ベンチレーションは必ず開けて下さい」

 

一酸化炭素は、空気より多少軽いので、ベンチレーションを開けると効果的。

 

ベンチレーション+出入り口か窓を20~30cm2ヶ所を開け、換気をします。

 

f:id:MAAKATU:20211124004428j:plain

 

 

 

 

「床がないシェルターや2ルームテントのリビングは、気密性がないので、それ程神経質にならなくても大丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119000407j:plain

 

 

 

 

「床と壁がくっついているテント類は、気密性が高いので、気をつけて下さい」

 

幕内で石油ストーブを使用される場合、一酸化炭素警報機が必要。

 

f:id:MAAKATU:20211117234138j:plain

 

 

 

 

「一酸化炭素警報機があると、安心安全に幕内で石油ストーブがつけれます」

 

f:id:MAAKATU:20211124004731j:plain

 

 

 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain



 

 

幕内で石油ストーブをつける場合、一酸化炭素中毒を防ぐために、換気が必要です。

 

換気さえすれば、一酸化炭素中毒になることはありません。

 

換気の為、幕の上部にあるベンチレーションは、必ず開けて下さい。

 

石油ストーブを幕内でつけるとき、一酸化炭素警報機があると安心安全です。

 

我が家も、石油ストーブ使用の時は、一酸化炭素警報機を配置しています。