わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

エントリー2ルームエルフィールドで冬キャンプを超快適に!我が家の方法を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなメーカーからテントが発売されています」

 

新しいアウトドアブランドも増え、それを入れるとたくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20211127041357j:plain

 

 

 

 

「たくさんあるテントの中で、家族で使用するのに向いているのが2ルームテント」

 

2ルームテントは、家族で使用しやすいように、設計されたサイズと形。

 

f:id:MAAKATU:20211004235324j:plain

 

 

 

 

「そんな、家族で使用するのに使い勝手がいい2ルームテント」

 

その中で一番人気があり売れているのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド。

 

エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品。

 

f:id:MAAKATU:20211127172624j:plain

 

 

 

 

そんな人気のあるエントリー2ルームエルフィールドですが、冬に使用できるのか? その方法を詳しくブログで、紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
エントリー2ルームエルフィールドで冬キャンプ

 

f:id:MAAKATU:20211127172616j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品」

 

人気があるのには、それだけの理由があります。

 

f:id:MAAKATU:20211127172608j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークから発売されている2ルームテント」

 

スノーピークといえば、アフターフォローもしっかりしており、全体的に高価な商品が多いのが特徴。

 

f:id:MAAKATU:20211127172606j:plain



 

 

「例えば、2ルームテントの王者と言われているランドロックが17万円台」

 

f:id:MAAKATU:20211024070928j:plain



 

 

「それに比べて、エントリー2ルームエルフィールドは、8万円台で購入できる2ルームテント」

 

人気が出ない訳はありません。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピーク製で、手軽に購入できる値段だから、人気が出たということがあります」

 

f:id:MAAKATU:20211119000348j:plain

 

 

 

 

「幕質は、分厚くもなく薄くもない感じ」

 

スノーピークの他のテントと比べると、アメニティドームと幕質と幕厚が似ています。

 

スノーピーク製品だけあって、しっかりとはつくられています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミ製で軽くて丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「人気があり売れている、エントリー2ルームエルフィールドですが、ひとつだけデメリットがあります」

 

それは、全周にスカートがないこと。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain

 

f:id:MAAKATU:20211119004643j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、リビング部分にはスカートがありますが、寝室の方にはスカートがありません」

 

冬場は北風が強い日が多いので、風の強い日は、スカートのない寝室の方から、隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211119000348j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、春夏秋冬使える4シーズンテントではなく、3.5シーズン使用できるテントだと思います」

 

f:id:MAAKATU:20211119000353j:plain

 

 

 

 

「そんな2ルームエルフィールドですが、冬場は隙間風が入ってきても、温度が下がらないような、暖房出力の高い石油ストーブがあれば快適」

 

f:id:MAAKATU:20211127035423j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain



 

 

「キャンプで人気のあるフジカハイペットは、暖房出力が2.5kw」

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「キャンプで最強と言われている、トヨトミKSシリーズが6.66kw」

 

f:id:MAAKATU:20211127035402j:plain



 

 

「コロナ対流型ストーブが6.59kwと、フジカハイペットより倍以上の暖かさがあります」

 

f:id:MAAKATU:20211127035400j:plain



 

 

「トヨトミKSシリーズ・コロナ対流型ストーブ、どちらか1台あると、スカートが全周ないエントリー2ルームエルフィールドでも、真冬のキャンプ快適に過ごせます」

 

かなり火力が強いので、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも安心。

 

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain

 

 

 

 

「見た目がよく人気があるのが、コロナ対流型ストーブ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain



 


 

 

 

 

 

 

 

「丸い形でおしゃれなのが、トヨトミKSシリーズ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035413j:plain

 

 




 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain





エントリー2ルームエルフィールドは、スカートが全周ない為、風の強い日は、スカートがないところから隙間風が入ってきます。

 

幕内を暖めるなら、暖房出力の高い、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば快適。

 

エントリー2ルームエルフィールドで寒い季節にキャンプをするなら、そのどちらかのストーブがあれば、幕内で暖かく過ごせます。

 

以上、「エントリー2ルームエルフィールドで冬キャンプを超快適に!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。