わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

エントリー2ルームエルフィールドでスカートを自作する必要なし!その理由を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211127172634j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからテントが発売されています」

 

新規のブランドも増え、それを入れるとかなりの数。

 

後、我が家も使用してますが、海外製ブランドのテントもありますね。

 

f:id:MAAKATU:20211111010850j:plain

 

 

 

 

「たくさんあるテントの中で、家族で使い勝手がいいのが2ルームテント」

 

2ルームテントは、家族で使いやすく設計されたサイズと形。

 

その2ルームテントで、人気があり売れているのが、エントリー2ルームエルフィールド。

 

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品」

 

そんなエントリー2ルームエルフィールドですが、ひとつだけデメリットがあります。

 

それは、スカートが全周についていないこと。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain



 

 

「リビングにはスカートがついていますが、寝室部分にはスカートがついていません」

 

風の強い日は、スカートがない寝室部分から隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211119004643j:plain

 

 

 

 

今回は、その隙間風防止にどうしたらいいのかを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド:

 

f:id:MAAKATU:20211119004646j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番人気がある商品」

 

人気があり売れているのは、スノーピークの製品がお手軽に購入できるから。

 

例えば、2ルームテントの王者と言われているランドロックは17万円台。

 

f:id:MAAKATU:20211024070926j:plain



 

 

 「それに比べて、エントリー2ルームエルフィールドは、8万円台とかなりの破格な値段」

 

f:id:MAAKATU:20211127172645j:plain



 

 

「幕厚は薄くもなく、分厚くもない感じ」

 

同じスノーピークの製品でいうと、アメニティドームと、幕質幕厚が似ています。

 

スノーピーク製品だけに、しっかりとしたつくりにはなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミ製で軽くて丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 


 

 

 

 

 

スカートが全周ない:

 

f:id:MAAKATU:20211119000322j:plain



 

 

 「エントリー2ルームエルフィールドの唯一の欠点が、全周にスカートがないこと」

 

リビングにはスカートがありますが、寝室部分にはスカートがありません。

 

f:id:MAAKATU:20211127172653j:plain

 

 

 

 

「春や秋は、それほど気温が下がらないので、大丈夫ですが、冬に隙間風が入ってくると、かなり寒くなります」

 

冬は北風が強く、冷たい隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211127172634j:plain

 

 

 

 

「スカートを自作されている人も、いるのにはいますが、見た目が悪く手間もいります」

 

スカートをつけるより、暖房出力の高い石油ストーブを使った方が快適。

 

f:id:MAAKATU:20211127035423j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

例えば、キャンプで使う石油ストーブで有名なフジカハイペットですが、暖房出力か2.5kwとなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「それに比べて、キャンプ最強の石油ストーブと言われているのが、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブ」

 

トヨトミKSシリーズは6.66kwで、コロナ対流型ストーブが6.59kwの暖房出力。

 

2種類共に、フジカハイペットより、倍以上の暖かさがあります。

 

f:id:MAAKATU:20211003172604j:plain

 

f:id:MAAKATU:20211003172614j:plain

 

 

 

 

 「真冬のキャンプでも、エントリー2ルームエルフィールド内で、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブ1台で、かなり暖かいです」

 

思っている以上に暖かいので、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブはおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 

 

 

 

「トヨトミKSシリーズ・コロナ対流型ストーブ、どちらか1台あると、スカートが全周ないエントリー2ルームエルフィールドでも、真冬のキャンプ快適に過ごせます」

 

かなり火力が強いので、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも安心。

 

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain

 

 

 

 

「見た目がよく人気があるのが、コロナ対流型ストーブ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain




 

 

 

 

 

 

 

「丸い形でおしゃれなのが、トヨトミKSシリーズ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035413j:plain

 




 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain





 

エントリー2ルームエルフィールドは、全周にスカートがついていません。

 

リビング側にはスカートがついてますが、寝室部分にはスカートがないので、隙間風が入ってきます。

 

隙間風対策に、自作のスカートをつけようと考えておられると思いますが、見た目が悪いのと手間がいります。

 

自作のスカートをつけるより、暖房出力の高い石油ストーブを使った方が暖かいです。

 

おすすめは、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブです。