わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

絶対おすすめ!エントリー2ルームエルフィールドのインナーマット代用は銀マット!

f:id:MAAKATU:20211024105758j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからテントが発売されています」

 

たくさんあるテントの中で、家族で使用するのにおすすめなのが2ルームテント。

 

f:id:MAAKATU:20211127172645j:plain

 

 

 

 

「2ルームテントは、家族が使いやすいように設計されたサイズと形」

 

家族で使用して、一番使いやすいのが2ルームテントだと思います。

 

2ルームテントの中で一番売れているのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド。

 

f:id:MAAKATU:20211119000322j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドが、人気があり売れている理由は、スノーピーク製品なのに、手軽に購入できるから」

 

8万円台と、手を出しやすい金額です。

 

f:id:MAAKATU:20211119000328j:plain

 

 

 

 

そんなエントリー2ルームエルフィールドですが、インナーマットはどの製品を選んだらいいのか、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド:

 

f:id:MAAKATU:20211119000335j:plain

 

 

 

 

「たくさん種類のある2ルームテントの中で、エントリー2ルームエルフィールドが一番売れている商品」

 

エントリー2ルームエルフィールドが、人気があり売れているのは、スノーピーク製品なのに、手軽に購入できるから。

 

f:id:MAAKATU:20211127172653j:plain

 

 

 

 

「スノーピークの製品は、どれも値段が高いのが特徴」

 

その中でエントリー2ルームエルフィールドは、8万円台と手軽に購入できる値段です。

 

f:id:MAAKATU:20211127172634j:plain

 

 

 

 

「ちなみに、同じスノーピークの2ルームテント、ランドロックが17万円台で販売されているので、いかにエントリー2ルームエルフィールドが安いのかがわかると思います」

 

f:id:MAAKATU:20211024070926j:plain

 

 

 

 

「幕厚は、薄くもなく分厚くもない感じ」

 

同じスノーピークの製品、アメニティドームと幕質と幕厚が似ています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「スノーピーク製品だけあって、しっかりとはつくられています」

 

フレームはアルミで、軽くて丈夫。

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、今売れていて人気の2ルームテント」

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain

 


 

 

 

 

 

インナーマット:

 

f:id:MAAKATU:20211201012353j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールド専用のマットシートセットが純正として、スノーピークから発売されています」

 

こちらは2万円台と、けっこう高い値段設定。

 

本体が8万円台なのに、マットが2万円台なのは、すごくバランスが悪いと思います。

 

値段にこだわらないという方は、スノーピークから発売されている純正のマットでも良いと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211201013939j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのインナーテントのサイズは、315×230cmの台形になっているので、やはり純正の方がぴったりサイズ」

 

インナーテントの形が台形になっているので、ぴったりと収めて見た目よくするなら、スノーピークから発売されている純正のマット。

 

f:id:MAAKATU:20211201013937j:plain

 


 

 

 

 

 

極厚の銀マット:
 

f:id:MAAKATU:20211127174508j:plain

 

 

 

 

「我が家のおすすめは、極厚の銀マット」

 

極厚の銀マットは分厚いので、地面からの冷気を遮断します。

 

f:id:MAAKATU:20211024105756j:plain



 

 

「寒くなると、気をつけてほしいのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも必ず冷気が発生します。

 

冷気対策をしないと、快適には過ごせません。

 

f:id:MAAKATU:20211024105753j:plain



 

 

「極厚の銀マットを使用することで、完璧に地面の冷気をシャットアウトし、クッション性を高めます」

 

エントリー2ルームエルフィールドのインナーマットの代用は、極厚の銀マットがおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211024105758j:plain

 



 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211024105758j:plain

 

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールドのインナー部分は、台形の形になっているので、お金にこだわりのない方は、専用のマットが良いと思います。

 

我が家は、2万円するマットは高いと思うので、極厚の銀マットをおすすめ。

 

極厚の銀マットは、冷気を完全に遮断するので、幕内で暖かく過ごすなら極厚の銀マットが使いやすいです。