スモアのベルテントの口コミは?購入するメリットとデメリットを詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20220123234728j:plain



 

 

「テントには、いろいろな形があり、設営が簡単なワンポールテント・家族で使用しやすい形につくられた2ルームテント」

 

ソロキャンプをするのに、ロースイルで使用しやすいパップテントなど、その他にもいろいろな形のテントがあります。

 

最近は、キャンプブームということもあり、昔に比べて種類や形が増えました。

 

f:id:MAAKATU:20220322012849j:plain

 

 

 

 

「今回紹介するのが、ベルテントと呼ばれているベルの形をしたテント」

 

ベルテントは昔から形を変えず、今も人気があります。

 

f:id:MAAKATU:20220113231705j:plain

 

 

 

 

「その中で、今かなり売れているベルテントがスモアのBello400」

 

なぜ、スモアのBello400が売れているかというと、値段が安く手軽に購入できるから。

 

素材はポリコットン製になっており、厚みがあってしっかりとしているので、俗に言う安かろう悪かろうではありません。

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 

 

 

 

今回は、今人気があり売れているスモアのBello400を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 

 

*タイトル
スモアのベルテントの口コミ・購入するメリットとデメリット

 

f:id:MAAKATU:20220113231731j:plain

 

 

 

 

「昔から有名で、ベルテントの元祖と言われているのが、我が家も保有するノルディスクのアスガルド」

 

ノルディスクのアスガルドは、生地が分厚くかなり丈夫でしっかりとしたつくり。

 

かなりしっかりとしているので、一度購入すると10年以上は使える丈夫さ。

 

f:id:MAAKATU:20220113231742j:plain

 

 

 

 

「丈夫でしっかりとしているノルディスクのアスガルドですが、4人家族でゆったりと使えるアスガルド12.6を選ぶと、値段が18万円とかなり高価になります」

 

アスガルドは、本体とフロアが別売りになっており、本体+フロアで18万円になってしまいます。

 

18万円のテントとなると、かなり購入しにくい価格。

 

f:id:MAAKATU:20220113233355j:plain

 

 


 

 

 

 

 

スモアBello400
 

 

f:id:MAAKATU:20220113231711j:plain



 

 

「今ベルテントで人気があり売れているのが、スモアのBello400」

 

f:id:MAAKATU:20220113231717j:plain

 

 

 

 

「ノルディスクのアスガルド12.6のサイズが、400×375cmで高さが250cm」

 

f:id:MAAKATU:20220113233357j:plain



 

 

「スモアのBello400のサイズが、400×400cmで高さが250cmと、ノルディスクのアスガルドとほぼ同じサイズ」

 

f:id:MAAKATU:20220113231754j:plain

 

 

 

 

「ノルディスクのアスガルドの価格が18万円に対し、スモアのBello400の価格が7万円台」

 

スモアのBello400は、破格の安さなので、かなり人気があり売れています。

 

スモアのBello400は、今かなり人気があり売れているテント。

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 


 

 

 

 

 

Bello400の口コミ
 

 

f:id:MAAKATU:20220117231845j:plain



 

 

「ポリコットン素材のスモアBello400は、生地に厚みがありしっかりとしたつくり」

 

俗に言う安かろう悪かろうではなく、しっかりとしたつくりなので、購入すると長く使用できます。

 

f:id:MAAKATU:20220113233750j:plain

 

 

 

 

「生地がポリコットン素材の為、寒い日でも結露しにくいのが特徴」

 

たとえ結露しても水滴にはならず、生地に染み込む感じなので、撤収前の水滴を拭く作業がありません。

 

寒い日でも撤収が楽なのが、スモアBello400の良いところ。

 

f:id:MAAKATU:20220113231721j:plain



 

 

「ポリコットン素材には撥水加工されており、雨の日でも安心」

 

f:id:MAAKATU:20220123234728j:plain



 

 

「スモアブランドのこだわりを感じるのが、ペグの丈夫さ」

 

以前のアルミペグから、現在はしっかりと固定できるペグに変更されました。

 

f:id:MAAKATU:20220113231800j:plain





「スモアのBello400は、上部に4つの通気口と、下部に4つのメッシュ窓があります」

 

メッシュ窓は小さい為、風通しが悪いので夏キャンプにはおすすめできません。

 

f:id:MAAKATU:20220117231848j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220113233357j:plain



 

 

「夏キャンプがおすすめできないスモアのBello400ですが、春秋冬キャンプで特に気温が下がる冬キャンプに重宝します」

 

生地のポリコットンに厚みがあるので、暖房器具で暖めた空気を外に逃しにくいのが特徴。

 

f:id:MAAKATU:20220113231721j:plain

 

 

 

 

「冬場は、幕内で石油ストーブや薪ストーブを使われると思いますが、暖めた空気を外に逃しにくいので、真冬のキャンプにおすすめできます」

 

f:id:MAAKATU:20220113231729j:plain



 

 

「スモアのBello400にあって、ノルディスクのアスガルドにない所は、薪ストーブ専用の煙突穴」

 

薪ストーブ専用の煙突穴があるので、幕内で薪ストーブをされる方に重宝します。

 

f:id:MAAKATU:20220113231654j:plain

 

 

 

 

「スモアのBello400は、今かなり人気があり売れているテント」

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 


 

 

 

 

 

 まとめ

 

f:id:MAAKATU:20220123234734j:plain

 

 

 

 

ベルテントで今流行っていておすすめなのが、スモアのBello400。

 

スモアのBello400は、7万円台で販売している破格の安さ。

 

値段が安いので、手軽に購入できるのがスモアのBello400の良いところ。

 

値段は手軽ですが、素材のポリコットンは厚みがあるので、俗に言う安かろう悪かろうではありません。

 

生地もしっかりとしていて手軽に購入できるので、スモアのBello400は、我が家がおすすめするベルテントです。

 

以上、「スモアのベルテントの口コミは?購入するメリットとデメリットを詳しくブログで紹介」でした。