わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ソロティピー1TCにはタープはいらない!その理由を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20220324004934j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

ソロで使用するテントも同じく、たくさんのブランドがあります。

 

最近のソロテントの流行りは、ポリコットン素材のパップ型テントやワンポールテント。

 

その中でも、サイドフラップのあるテントが人気で売れています。

 

f:id:MAAKATU:20220323014532j:plain

 

 

 

 

「テントにサイドフラップあることで、より広く使え、サイドフラップが風を軽減してくれるので、寒い時期はとても重宝します」

 

f:id:MAAKATU:20220323014519j:plain

 

 

 

 

「ソロティピー1TCは、大型の出入り口が2ヶ所あり、巻き上げると風通しがよくなります」

 

春夏秋冬、どの季節でも使用できるのが、ソロティピー1TCの良いところ。

 

f:id:MAAKATU:20220321000351j:plain

 

 

 

 

そんな使い勝手のいいソロティピー1TCですが、タープが別途必要かどうか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 
 

 

*タイトル
ソロティピー1TCにタープは必要

 

f:id:MAAKATU:20220321000349j:plain



 

 

「テントに付いているサイドフラップの役目は、いろいろとあります」

 

f:id:MAAKATU:20220321000324j:plain

 

 

 

 

「ポリコットン素材のソロティピー1TCは、焚き火をしても火の粉でダメージになりにくいのが特徴」

 

幕のすぐ側で、焚き火をすることが可能。

 

サイドフラップがあることで風の軽減になり、焚き火をしていても暖かく過ごせます。

 

f:id:MAAKATU:20220321000333j:plain

 

 

 

 

ソロティピー1TCのサイズは、240×240cmで高さが150cm。



 

 

「ワンポールテントは、三角形の形をしているのでデッドスペースが多く、どちらかというとサイズの割には狭く感じます」

 

ソロティピー1TCは、150cmと背が低いので、より圧迫感もあります。

 

f:id:MAAKATU:20220321004017j:plain



 

 

「サイドフラップがあることで、テントが拡張され広く使えるので、デッドスペースがあり背の低いソロティピー1TCでも快適に使えます」

 

拡張されたサイドフラップの中に、荷物を置くことも可能。

 

f:id:MAAKATU:20220322012846j:plain



 

 

「サイドフラップがあるのとないのとでは、かなり居心地が変わってきます」

 

f:id:MAAKATU:20220322012856j:plain

 

 



タープはいらない
 

 

「寒い季節は夜露が発生するので、荷物を外に出しっぱなしにはできません」

 

朝起きると雨が降っていないのに、荷物が濡れているのは夜露が原因。

 

こじんまりしたテントだと、幕内に荷物を片付けきれないので、タープが必要になってきます。

 

f:id:MAAKATU:20220324005931j:plain



 

 

「ソロティピー1TCは、サイドフラップがあるので、サイドフラップに荷物を入れることができます」

 

f:id:MAAKATU:20220322012846j:plain



 

 

「フロントフラップを購入することで、拡張したままフルクローズもできます」

 

f:id:MAAKATU:20220323014537j:plain

 

 

 

 

「フロントフラップを購入すると、ソロティピー1TCが、より広く使うことが可能」

 

f:id:MAAKATU:20220323014524j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220323014522j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「サイドフラップは、日除けの軽減にもなります」

 

f:id:MAAKATU:20220322012839j:plain



 

 

「ソロティピー1TCは、サイドフラップがあるので、うまく張ればが日が当たりにくい環境をつくれます」

 

季節によっては少々変わってきますが、太陽の位置は基本、東から昇って西に沈みます。

 

 

出入り口を東と西にしないことで、日光が幕内に入ってきません。



 

 

「サイドフラップがあるので、より日光の軽減にもなります」

 

f:id:MAAKATU:20220321000338j:plain





「大型の出入り口をまくり上げることで、風通しがよくなります」

 

f:id:MAAKATU:20220321000349j:plain

 

 

 

 

「ソロティピー1TCは、サイドフラップがあり風通しがいいテントなので、タープを一緒に張らなくても大丈夫だと思います」

 

タープを張らなくても、快適にキャンプをすることが可能。

 

f:id:MAAKATU:20220321000409j:plain

 

 

 



使い勝手
 

 

「ソロティピー1TCの素材は、ポリコットン製になっており、焚き火の火の粉に強いのが特徴」

 

ポリコットン素材は、まぁまぁ分厚い感じ。

 

柔らかいポリコットン素材なので、肌触りはとてもいいです。

 

f:id:MAAKATU:20220321004035j:plain

 

 

 

 

「フライシートには、スカートが付いており、ペグダウンできるので隙間風の軽減ができます」

 

f:id:MAAKATU:20220322012846j:plain





「インナーテントのサイズは、220×100cmで高さが135cm」

 

インナーテントは、1人分のシュラフを敷いたらいっぱいで、二つ分のシュラフ置くことはできません。

 

1人分のシュラフを敷いて、ゆったりと過ごせます。

 

f:id:MAAKATU:20220321004023j:plain

 

 

 

 

「サイドフラップの付いているソロティピー1TCは、春夏秋冬どの季節でも快適に過ごせます」

 

f:id:MAAKATU:20220321000330j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「サイドフラップをフルクーロズされるなら、フロントフラップを使って下さい」

 

f:id:MAAKATU:20220321000335j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「ソロティピー1TC専用の二股ポールも、販売されています」

 

二股ポールを使用することで、幕内をより広く使用することができます。

 

f:id:MAAKATU:20220322012831j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220322012822j:plain

 

 


 

 




まとめ

 

f:id:MAAKATU:20220322012849j:plain



 

 

ソロティピー1TCは、サイドフラップが付いているので、別途タープを張らなくても大丈夫。

 

サイドフラップがあることで、幕内が拡張され広く使え日除けにもなります。

 

サイドフラップがあるのとないのとでは、かなり居心地が違います。

 

ソロティピー1TCは、隙間風軽減のスカートも付いており、大型の出入り口で風通しがいいので、春夏秋冬使えるテント。

 

どの季節でも使用できるので、おすすめできます。

 

以上、「ソロティピー1TCにはタープはいらない!その理由を詳しくブログで紹介」でした。