わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ソロティピー1TCにコットを入れるとちょうどいいサイズ!徹底的に詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20220327223847j:plain



 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20220327223801j:plain

 

 

 

 

「我が家は、夫婦のキャンプがメインですが、ソロでもキャンプに行きます」

 

我が家が、ソロキャンプに行く理由は、焚き火をしながらゆっくりとお酒を飲みたいから。

 

f:id:MAAKATU:20220327231116j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327231105j:plain

 

 

 

 

「焼鳥が好きなので、焚き火をしながらお酒を飲みながら焼鳥をよく食べています」

 

f:id:MAAKATU:20220327231103j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327231108j:plain

 

 

 

 

「最近のテント素材の支流は、ポリコットン素材」

 

ポリコットン素材のテントは、我が家みたいに幕のすぐ近くで焚き火をしても、幕が火の粉でダメージになったり穴があきにくくなっています。

 

f:id:MAAKATU:20220327231124j:plain

 

 

 

 

「幕の近くで焚き火をよくするなら、ポリコットンテントを購入すべきです」

 

f:id:MAAKATU:20220322012817j:plain

 

 

 

 

「今、ポリコットン素材のテントで人気があるのが、パップ型テントやワンポールテント」

 

その中でも、サイドフラップのあるのが、特に人気で売れています。

 

f:id:MAAKATU:20220324004934j:plain

 

 

 

 

「今回紹介するバンドックから発売されているソロティピー1TCも、ポリコットン素材でサイドフラップがついているワンポールテント」

 

バンドックから発売されているソロティピー1TCは、かなり売れていて人気があります。

 

f:id:MAAKATU:20220323014532j:plain

 

 

 

 

今回は、今大人気のソロティピー1TCの使い勝手と就寝するスタイル、コットについて詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 
 

 

*タイトル
ソロティピー1TCにコット寝スタイル

 

f:id:MAAKATU:20220327223753j:plain



 

 

「ソロティピー1TCの素材はポリコットン製になっており、まぁまぁ分厚い感じ」

 

ポリコットン素材は柔らかく、肌触りが良いと思います。

 

雑な所もありますが、値段の割にはしっかりとしたつくり。

 

f:id:MAAKATU:20220321004035j:plain

 

 

 

 

「ソロティピー1TCは、240×240cmで高さが150cmのサイズ」

 

こじんまりしたワンポールテントなので、コット一つを入れてちょうどいいサイズ。

 

コット二つは置けなくもないですが、狭くなってしまいます。

 

f:id:MAAKATU:20220322012851j:plain

 

 

 

 

「コットにはハイコットとローコットの、2種類の背の高さがあります」

 

ワンポールテントは、形が三角形になっており、幕の勾配がきつくなっています。

 

ハイコットにすると背が高い分、使えないデッドスペース多くなります。

 

f:id:MAAKATU:20220327223758j:plain

 

 

 

 

「大きなテントなら問題ないですが、こじんまりしたテントだと、ハイコットよりローコットの方が使いやすいです」

 

f:id:MAAKATU:20220327223753j:plain





「我が家は、WAQのフォールディングコットを使用」

 

f:id:MAAKATU:20220327223831j:plain



 

 

「WAQのフォールディングコットは、楽天のアウトドア寝具コットランキングで、上位の商品でかなり売れています」

 

売れていて人気があるのには、やはりそれだけの理由があります

 

f:id:MAAKATU:20220327223801j:plain



 

 

「WAQのフォールディングコットは、我が家もキャンプで使用していて使い勝手のいい商品」

 

f:id:MAAKATU:20220327223820j:plain

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットが人気がある理由は、組み立てやすさと寝心地のよさ」

 

サイズは190×67cmで、体型の大きな男性でもゆったりと寝転がれます。

 

我が家は、174cmで体重が64kgで、下記のような感じ。

 

f:id:MAAKATU:20220327223815j:plain

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットの生地は、300Dのナイロン素材を採用しており、張り具合もちょうどいい感じ」

 

今までWAQのフォールディングコットで何十泊もしてますが、朝起きて腰や体が痛くなったことはありません。

 

固すぎず柔らかすぎず、程よい沈み込みで朝まで快適に就寝できます。

 

f:id:MAAKATU:20220327223827j:plain

 

 

 

 

「フレームは、超々ジェラルミンを採用しており、とても丈夫でしっかりとしたつくり」

 

痛むことなく長く使用できるのも、WAQのフォールディングコットの良いところ。

 

f:id:MAAKATU:20220327223834j:plain



 

 

「組み立ては、ベッドシートの生地にフレームを通し、レッグフレームを3つ取り付けたら完成」

 

5分もあれば設置できるので、とても楽で簡単。

 

f:id:MAAKATU:20220327223836j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327223839j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327223844j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327223842j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327223831j:plain



 

 

「専用のポールを差し込むことで、ハイコットにすることも可能」

 

f:id:MAAKATU:20220327231758j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327231801j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220327232345j:plain

 

 

 

 

「WAQのフォールディングコットは、我が家も使用しており、年間50拍キャンプに行く我が家が、おすすめするコット」

 

f:id:MAAKATU:20220327223820j:plain

 

 


 

 

 

 

 

ソロティピー1TCで就寝
 

 

「ソロティピー1TCで就寝する場合、2種類の方法があります」

 

f:id:MAAKATU:20220322012817j:plain

 

 

 

 

「寒い季節は、地面から冷気が必ず発生します」

 

就寝するのにコットを使用することで、地面からの冷気を全く気にしなくても大丈夫。

 

虫もいないので、寒い季節はソロティピー1TCの幕内で、コット寝がおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20220322012839j:plain





「ソロティピー1TCには、フルクローズできないメッシュ仕様のインナーテントが付属されています」

 

気温が上がる季節は虫が発生するので、虫対策にメッシュ仕様のインナーテントを使用して下さい。

 

メッシュ仕様のインナーテントなので、暑い時期でも熱がこもりません。

 

f:id:MAAKATU:20220321000415j:plain

 

 

 

 

「220×100cmで高さ135cmのインナーテントのサイズ」

 

1人分のシュラフを入れて、ゆったりとした大きさ。

 

f:id:MAAKATU:20220321004015j:plain

 

 

 

 

二股ポール
 

 

「ソロティピー1TCで快適に過ごすなら、二股ポールがおすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20220322012856j:plain



 

 

「大型ワンポールテントだと気にならない中央のポールが、こじんまりしたテントだと邪魔になります」

 

f:id:MAAKATU:20220321000407j:plain

 

 

 

 

「ワンポールから二股ポールにすることで、中央にあったポールのデッドスペースをなくし、幕内を有効活用できます」

 

f:id:MAAKATU:20220322012844j:plain

 

 

 

 

「二股ポールは、二又ソケット左右にポールをつけ、広がり防止のビルディングベルトをセットするだけ」

 

f:id:MAAKATU:20220322012831j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220322012833j:plain

 

 

 

 

「よくある二股ポールの構造で、全く設置は難しくありません」

 

f:id:MAAKATU:20220322012824j:plain

 

 


 

 

 

 

 

サイドフラップ
 

 

「ソロティピー1TCは、サイドフラップがついており、テントを拡張できます」

 

f:id:MAAKATU:20220324004934j:plain

 

 

 

 

「サイドフラップは、フロントウォールをつけることで、フルクローズすることができます」

 

f:id:MAAKATU:20220323014524j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220323014522j:plain



 

 

「フロントウォールの設置は、4ヶ所をペグダウンするだけなので、とても簡単」

 

f:id:MAAKATU:20220323014514j:plain

 

 

 

 

「寒い季節、幕内に閉じこもることがあるなら、フロントウォールの購入をおすすめします」

 

f:id:MAAKATU:20220323014532j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「ソロティピー1TCは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするワンポールテント」

 

f:id:MAAKATU:20220322012849j:plain

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:MAAKATU:20220322012846j:plain



 

 

ソロティピー1TCのサイズは240×240cmなので、それ程大きくはなくこじんまりしたテント。

 

1人分のコットを置いたら、ちょうどいいサイズ。

 

ソロテント用のワンポールテントなので、2人分のコットを入れたら狭いです。

 

幕内を広く有効活用する為に、ワンポールテントから二股ポールに変更するのもひとつの方法。

 

虫が多い季節は、メッシュのインナーテントを使い、寒い時期はコット寝スタイルがおすすめ。

 

以上、「ソロティピー1TCにコットを入れるとちょうどいいサイズ!徹底的に詳しくブログで紹介」でした。