わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

エクスカーションティピーⅡ/325のペグの本数!購入したら絶対ペグを買い替える必要があり!

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのメーカーのどの形のテントを選んだらいいか迷います。

 

昔から今も人気があるのが、1本のポールで設営ができるワンポールテントと言われるもの。

 

 

 

 

 

「ワンポールテントも、いろいろなブランドから発売されています」

 

今回紹介するコールマンのエクスカーションティピーも、昔から人気のあるロングヒット商品。

 

現在は、エクスカーションティピーⅡ/325として発売されています。

 



 

 

今回は、エクスカーションティピーⅡ/325を購入するメリットと付属しているペグの使い勝手を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 

 

 

*タイトル
エクスカーションティピーⅡ/325のペグの本数

 

 

 

 

 

「コールマンから発売されているエクスカーションティピーⅡ/325の素材は、コールマン独自のテックスファイバーが使われています」

 

テックスファイバーは、ポリエステルよりポリコットン素材の風合いがあるのが特徴。

 

見た目と肌触りが、ポリコットン風。

 

 

 

 

 

「ポリコットン素材は、結露しにくいという特徴がありますが、エクスカーションティピーⅡ/325はポリコットンではありません」

 

ポリコットン素材ではないエクスカーションティピーⅡ/325は、気温差で結露はします。

 

ただ、素材のテックスファイバーは速乾性に優れているので、結露しても乾きやすいのが特徴。

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325の人気がある理由は、ワンポールテントでありながら前室があること」

 

大抵のワンポールテントは、インナーを付けると前室のスペースがありません。

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、前方にフロントポールを付けることで、前室のスペースが確保できます。

 




 

「前室は、めちゃくちゃ広くはありませが、靴やちょっとした荷物を置くことが可能」

 

靴を置くスペースはかなり重要で、前室がないワンポールテントだと、本当に困ってしまいます。

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、手頃な値段で購入できるということもあり、フライシートの裾にスカートが付いていません」

 

冬場は、幕と地面の間から冷たい隙間風が入ってきます。

 

 

 

 

 

「ただ、インナーテントはフルクローズ出来るので、インナーテントを締め切ることで、中まで隙間風は入ってきません」

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、2ヶ所の出入り口しかなく窓がありません」

 

ただ、メッシュに出来る2ヶ所の出入り口が大きいので、風が通りやすいのが特徴。

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、春夏秋冬使えるワンポールテント」

 

 

 


 

 

 

 

 

ペグの本数
 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325に、付属しているペグは15本」

 

ペグの素材は、スチール製になっています。

 



 

 

「ペグの素材がスチールだからと言って、頑丈で丈夫ではありません」

 

地面が硬いと、すぐに曲がってしまいます。

 

 

 


使用するスチールペグの内訳として、インナーテントを固定するのに6本

 

フライシートの前後を固定するのに2本

 

フロントポールを固定するのに2本

 

ガイロープを固定するのに5本

 

 

 

 

「新たにペグを購入されるなら、15本用意して下さい」

 

ただ、ガイロープは出来るだけ固定はしてほしいのですが、なくても風の強い日以外は何とか大丈夫。

 

 

ガイロープを固定するペグ5本を除く、最低10本のペグは必要

 

 

 

 

「地面は、コンディションのいい芝サイトだけではありません」

 

キャンプ場によっては、砂利サイトや土サイトもあります。

 

 

 

 

 

「付属しているスチールペグだと、コンディションの悪い地面は、しっかりとペグダウンできません」

 

しっかりとペグダウンできなけば、風が強い日はテントの崩壊にも繋がります。

 

 

 

 

 

「コンディションの悪い地面でも、しっかりとペグダウンできる鍛造ペグがおすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20220104171800j:plain



 

 

「鍛造ペグは、スノーピーク製のソリッドステーク30cmが有名ですが、スノーピーク製なので値段が高いのがデメリット」

 

我が家のおすすめは、スノーピークと同じ強度でよく似たサイズ、手頃な値段で購入できる村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28cmがおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20220104171800j:plain

 

 

 

 

「エリッゼステーク28cmがあると、どんなコンディションの悪い地面でも、ガンガン入っていきます」

 

f:id:MAAKATU:20220326085613j:plain

 

 

 

 

「エリッゼステーク28cmは、我が家も保有しており、便利に使用しています」

 

幕のペグダウンや、風の強い日のガイロープの固定に備えて、最低鍛造ペグは必ず用意して下さい。

 

f:id:MAAKATU:20220326085611j:plain

 

 


 

 

 

 

 

エクスカーションティピーⅡ/325の設営

 

インナーテント6ヶ所をペグダウンします。

 

ポールを立て、フライシート6ヶ所をペグに引っ掛けます。

 

黄色テープの付いているピンに、フロントポールを差し込んだら設営が完了。

 

とても簡単に設営ができるので、時間がかかりません。

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするワンポールテント」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、2万円程で手軽に購入できるのも人気がある理由。 付属のペグは、地面が硬いと使い物になりません。

 

どんな地面でもガンガン入っていく、鍛造ペグがおすすめ。

 

鍛造ペグがあると、どんな硬い地面でもしっかりとペグダウンできるので、安心して使用できます。

 

以上、「エクスカーションティピーⅡ/325のペグの本数!購入したら絶対ペグを買い替える必要があり!」でした。