わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

徹底レビュー!エクスカーションティピーⅡ/325のサイズと広さを詳しくブログで紹介!

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のテントが発売されています」

 

キャンプブームということもあり、昔に比べていろいろな種類のテントが発売されているので、選びやすくなったと思います。

 

昔から今も人気があるのが、いわゆるワンポールテントと言われるテント。

 



 

 

「ワンポールテントは、フラシートをペグで固定して中央に1本のポールを立てるだけなので設営が簡単」

 

 

 

 

 

 

「ワンポールテントで、売れていて人気があるのが、コールマンから発売されているエクスカーションティピー」

 

現在は、エクスカーションティピーⅡ/325として発売されています。

 



 

 

今回は、エクスカーションティピーⅡ/325のサイズと使い勝手を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 

 

 

*タイトル
エクスカーションティピーⅡ/325のサイズ

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、コールマンの独自の素材、テックスファイバーが使われています」

 

テックスファイバーの特徴は、ポリコットン素材に似ていること。

 

見た目と肌触りは、ポリエステルよりポリコットンの方が近いです。

 

 

 

 

 

「幕厚はそれ程ありませんが、しっかりとしたつくりなので長く使用できます」

 

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、テックスファイバーはコットンではないので、寒い時期結露はします」

 

ただ、速乾性に優れているので、濡れたテントは風に当てるだけで、乾きやすいのが特徴。

 

 

 

エクスカーションティピーⅡ/325の値段は、2万円程と手軽に購入できるのも人気がある理由

 

 

 

 

「値段が手軽ということもあって、フライシートの裾にあるスカートが付いていないというデメリットがあります」

 

スカートがないので、冬場は冷たい隙間風が入ってきます。

 

 

 

 

 

「ただ、インナーテントがフルクローズできるので、インナーを締め切るとあまり影響はありません」

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、出入り口が2ヶ所しかありませが、その出入り口2ヶ所が割と大きいので、風は抜けやすいです」

 

他のワンポールテントと比べて、夏場は割と過ごしやすいのが特徴。

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、フロントポールがグラスファイバーだというのも残念な所」

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、フロントポールを設置することで、前室をつくることができます。

 

グラスファイバーは、強度がアルミ製に比べて劣るので、一ヶ所に何回も負担をかけてしまうと、裂ける可能性があります。

 

フロントポールを設置する時は、じんわりと曲げて、ポールに負担がかからないようにして下さい。

 

 


 

 

 

 

 

エクスカーションティピーⅡ/325のサイズ
 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325の使いやすい所は、前室がある所」

 

 

 

 

 

「ワンポールテントにインナーテントを付けると、だいたいのテントは前室を確保できません」

 

前室がないことで、靴や荷物を置くスペースがなく、使用していてとても不便。

 

特に、靴を置くスペースがないのが、不便を感じてしまいます。

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、靴を置けるスペースやちょっとした荷物を前室に置けるので、とても便利。

 

 

 

 

 

「前室があるのとないのとでは、やはり使い勝手が違ってきます」

 

 

 

 

 

385×325で、高さ200cmの本体サイズ

 

325×230で、高さ200cmのインナーサイズ

 



 

 

「インナーテントの高さが200cmあるので、圧迫感が少ないのが特徴」

 

 

 

 

 

「325×230cmのインナーテントのサイズですが、ワンポールテントはデッドスペースがあります」

 

デッドスペースがある分、インナーテントで使用される快適な人数は、大人2人で子供1人の3人がベスト。

 

荷物を入れず、寝るだけなら大人2人の子供2人でも何とか大丈夫。

 



 

 

エクスカーションティピーⅡ/325の設営
 

 

「設営は、インナーを広げて6ヶ所をペグダウンし、ポールを立てます」

 

フライシート6ヶ所をペグに引っかけて、黄色のテープが付いているピンに、フロントポールを入れるだけ。

 

 

 



 

 

「設営は簡単で、15分もあれば設営が出来ると思います」

 

 

 

 

 

「エクスカーションティピーⅡ/325は、ワンポールテントの中で、人気があり売れているテント」

 

キャンプ場に行くとよく見かけることがあります。

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするワンポールテント。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

エクスカーションティピーⅡ/325の人気がある理由は、前室のある所。

 

前室があるのとないのとでは、かなり使い勝手が違います。

 

靴やちょっとした荷物が置けるので、とても便利。

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、こじんまりしたワンポールテントなので、大人2人で子供1人の3人がベスト。

 

ソロでも使っている方もおられるので、ソロキャンプでゆったりと使われても良いですね。

 

エクスカーションティピーⅡ/325は、見た目もよくおしゃれなので、我が家のおすすめするワンポールテントです。

 

以上、「徹底レビュー!エクスカーションティピーⅡ/325のサイズと広さを詳しくブログで紹介!」でした