わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ヤドカリテントをアレンジ!超快適にする方法を詳しくブログで紹介!

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

購入する時、どのブランドのどの形のテントを選んだらいいか迷います。

 

昔から今も人気があるのが、中央にポール1本で設営ができるワンポールテント。

 

 

 

 

 

「ワンポールテントを使用するメリットは、設営が簡単で楽なこと」

 

 

 

 

 

「最近は、ワンポールテントの中でもサイドフラップのあるのが人気」

 

今、サイドフラップが付いていて人気のあるのが、DODから発売されているヤドカリテント。

 

ヤドカリテントは、楽天のテントランキングでも、常に上位で売れているテント。

 

 

 

 

 

今回は、ヤドカリテントの使い方と、アレンジの仕方を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
ヤドカリテントをアレンジ

 



 

 

「ヤドカリテントは、ワンポールテントなので、設営が簡単」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、ただのワンポールテントではなくサイドフラップが付いているのが特徴」

 

サイドフラップが付いていることで、寝室とリビングができ2ルームテント風に使用できます。

 



 

 

「ヤドカリテントを設営する時は、別途オープンタープは必要ありません」

 

 

 

 

 

「4本のポールを張り出すことで、タープみたいな使い方もできます」

 

ヤドカリテントは、いろいろな張り方ができるので、天候や風向きでアレンジできます。

 

 

 

 

 

「サイドフラップが付いていることで、横からの風や雨の影響を軽減」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、基本4本のポールを使用して張ります」

 

4本のポールを使うことで、最大限にサイドフラップの良さを引き出してくれます。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、4本のポールだけではなく、ポールを使わなくても設営が可能」

 

 

 

 

 

「フライシートの裾にはスカートが付いているので、隙間風を軽減してくれます」

 

スカートが付いているヤドカリテントは、春夏秋冬使える4シーズンテントと思ってもらったらいいと思います。

 

 

 

 

 

「430×290cmで高さ300cmのインナーテントのサイズがあるので、4人家族でもゆったり」

 

高さもあるので圧迫感がなく、立ったままで移動ができます。

 

 

 

 

 

「インナーテントのサイズが広いので、寒い時期はフルクローズしても幕内でゆったりと過ごせます」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、1本のポールでも張り出せます」

 

 

 

 

 

「2本のポールで張り出す場合は、下記のような感じ」

 

 

 

 

 

 「インナーテントは、メッシュになる出入り口が3ヶ所もあるので、風通しがよく暑い時期も快適」

 



 

 

「冬場はスカートがあるので、冷たい隙間風を軽減」

 

 

 

 

 

「インナーテントは、ポリコットン素材になっており、結露が少なく夏場涼しく冬場暖かいのが特徴」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、春夏秋冬使えるサイドフラップ付きのワンポールテント」

 

ワンポールテントで今売れていて、とても人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

 

昔から今も人気があるのが、中央に1本のポールを立ち上げることで設営ができるワンポールテント。

 

ワンポールテントを使用するメリットは、設営が簡単で楽なこと。

 

最近は、ワンポールテントでもサイドフラップのあるのが人気。

 

そのサイドフラップがあるワンポールテントで良く売れているのが、DODから発売されているヤドカリテント。

 

ヤドカリテントの特徴は、ポール1本・2本・4本でアレンジでき、いろいろな形にできること。

 

天候や風向きで、張り方を変えられるのでとても便利。

 

インナーテントがゆったりサイズなので、4人家族で使用可能。

 

春夏秋冬使え、アレンジすることでいろいろな場面で使用できます。

 

ヤドカリテントは、年間50泊キャンプをする我が家がおすすめするテント。

 

以上、「ヤドカリテントをアレンジ!超快適にする方法を詳しくブログで紹介!」でした。