わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

徹底レビュー!ヤドカリテントは狭い?ファミリーで使うとちょうどいいサイズ。

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています」 

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのどの形のテントを選んだらいいか迷います。

 

昔から今も人気があるのが、中央にポールを1本立てて設営するワンポールテント。

 

 

 

 

 

 「ワンポールテントは、1人で短時間に設営できるのが使用するメリット」 

 

 

 

 

 

「その中で今の流行りが、サイドフラップの付いたワンポールテント」 

 

サイドフラップで人気があるのが、DODから発売されているヤドカリテント。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、ポール4本を使い張り出すことで、寝室とリビングができ2ルームテントみたいな使い方ができます」 

 

いろいろな張り方でアレンジできるのも、ヤドカリテントの良い所。

 

 

 

 

 

今回は、ヤドカリテントを家族で使用して狭いのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
ヤドカリテントは狭い?ファミリーで使うとちょうどいいサイズ

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、4本のポールを使い張り出すことで、リビングと寝室ができます」 

 

寝室とリビングができ、2ルームテントみたいな使い方ができるのが、ヤドカリテントの良いところ。

 

 

 

 

 

「天候や風向きで、張り方をアレンジできます」

 

サイドフラップが付いていることで、雨や風を軽減できます。

 

 

 

 

 

 「ヤドカリテントは6ヶ所をペグダウンし、中央にあるポールを立てることで設営ができます」 

 

ワンポールテントなので、1人で短時間に設営ができとても楽。

 

 

 

 

 

「ポールは、基本4本のポールを使って立ち上げますが、1本や2本でも立ち上げることが可能」

 

ポール2本だと、下記のような感じ。

 

 

 

 

 

「ポール1本でも設営が可能」 

 

 

 

 

 

「インナーテントは、ポリコットン素材になっており、夏涼しく冬暖かいのが特徴」

 

 

インナーテントのサイズは、430×290cmあるので、大人2人の子供2人で使用しても狭くはありません

 

 

 

 

「家族4人で使用して、ちょうどいいサイズ」

 

高さが300cmあるので立って移動ができ、圧迫もありません。

 

家族で使いやすいのが、ヤドカリテントを購入するメリット。

 

 

 

 

 

 「ヤドカリテントは、3ヶ所のメッシュになる出入り口が大きいので、風通しがいいのが特徴」

 

風通しがいいので、他のワンポールテントより圧倒的に夏場涼しいです。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、フライシートの裾部分にスカートが付いている為、隙間風を軽減できます」 

 

フルクローズすることで、冬場も暖かく過ごせます。

 



 

 

 「ヤドカリテントは、春夏秋冬使えるサイドフラップの付いたワンポールテント」 

 

ポールを使い張り出すことで、いろいろとアレンジができるのでおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

 

ヤドカリテントは、ワンポールテントでサイドフラップの付いた今流行りの形。

 

サイドフラップが付いていることで、雨や風を軽減できます。

 

ヤドカリテントは、4本のポールを使い張り出すことで寝室とリビングができ、2ルームテントみたいな使い方ができます。

 

天候や風向きでアレンジてきるのもヤドカリテントの良いところ。

 

インナーテントのサイズは430×290cmあるので、4人家族でちょうどいい大きさ。

 

家族でテントを探しておられる方に、特におすすめできます。

 

以上、「徹底レビュー!ヤドカリテントは狭い?ファミリーで使うとちょうどいいサイズ」でした