わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

インスタントアップドーム/sのサイズ!夏冬は快適に過ごせるのか?詳しくブログで紹介。

 

 

 

 

「我が家がインスタントアップドーム/sをおすすめする理由は、設営が簡単だから」

 

我が家もそうなんですが、ソロキャンプは夜の焚き火をメインにするので、夕方にキャンプ場に着いて設営することが多いです。

 

夕方にキャンプ場に着くということで、時間の短縮でサッと設営できるテントが便利。

 



 

 

「サッと設営できるテントといえば、ワンタッチ式がおすすめ」

 

ワンタッチ式テントは、いろいろなブランドから発売されていますが、ソロキャンプで使えるサイズは少ないような気がします。

 

今、じわりじわりと売れているのが、コールマンから発売されているインスタントアップドーム/s。

 



 

 

「インスタントアップドーム/sは、ワンタッチ式になっており、短時間で設営することが可能」

 



 

 

今回は、コールマンから発売されているインスタントアップドーム/sの使い勝手を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
コールマンのインスタントアップドーム/S

 

 

 

インナーサイズ:210×90×100cm

収納時サイズ:φ17×65cm

重量:4.3kg

耐水圧:フライ/1,500mm フロア/1,500mm

定員:1人用

本体サイズ:210×210×115(h)cm

 

 

 

 

「インスタントアップドーム/sは、コールマンから発売されているワンタッチ式のテント」

 

インナーテントとフライシートの二重構造になっており、インナーテントのみがワンタッチ式になっています。

 

 

 

インナーテントは、傘を広げる感じで開くと設営ができるのでとても簡単

 

後はフライシートを被せて、リッジポールを付けるだけ

 

 

 

 

 「短時間で設営できるのが、インスタントアップドーム/sの良いところ」

 

 

 

 

 

 「フライシートは、ポリエステル製になっており、しっかりとしていて割と分厚いつくり」 

 

 

 

 

 

「インナーの生地も、分厚めにつくられていて丈夫」 

 

 

 

 

 

「フレームが少し細さを感じますが、しっかりとつくられているので安心感はあります」 

 

 

 

 

 

「ワンタッチ式ということで、関節部分や可動部分が多い為、無理にフレームを曲げるとダメージになることもあるので注意して下さい」 

 

 

 

 

 

「インナーテントのサイズは210×90cmあるので、1人分のシュラフを入れて余裕」

 

サイズ的に、2人分のシュラフを置くことはできません。

 

高さが100cmあるので、インナーテントに座っても頭があたりません。

 

 

 

 

 

 「インスタントアップドーム/sにリッジポールを付けることで、前室をつくることが可能」 

 

前室には、折り畳んだイスやテーブル、靴も置けるのでかなり便利。

 

 

 

 

 

「インスタントアップドーム/sは、メッシュになる2ヶ所の出入り口が大きいので、風通しがいいのが特徴」 

 

風通しがいいので、夏場も他のソロテントよりは快適。

 

 

 

 

 

「ベンチレーションも付いています」 

 

 

 

 

 

「インナーテントは、フルクローズできるので、冬場も暖かく過ごせます」

 

 

 

 

 

「インスタントアップドーム/sは、春夏秋冬使えるソロのワンタッチテント」

 

ポールを2本使うことで、キャノピー仕様にすることもできます。

 

 

 

 

 

「コールマンから発売されているインスタントアップドーム/sは、ソロキャンプで短時間で設営したい人におすすめ」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

 

最近は、キャンプブームということで、いろいろなブランドからテントが発売されています。

 

いろいろなテントはありますが、ワンタッチ式のソロテントは少ないような気がします。

 

インスタントアップドーム/sは、ソロで使うのに十分な大きさ。

 

以上、「インスタントアップドーム/sのサイズ!夏冬は快適に過ごせるのか?詳しくブログで紹介」でした