S'more(スモア) ベル型テントBello400のグランドシートはこれがおすすめ!詳しくブログで紹介!

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています」

 

海外製のブランドや、新規のブランドもいれればたくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20220113231742j:plain

 

 

 

 

「今回紹介するスモアは、2012年に設立したブランドで、本格始動したのが2020年とまだまだ新しい会社」

 

まだまだ、たくさんの人に名前は知られていませんが、徐々に人気が浸透してきています。

 

f:id:MAAKATU:20220113231731j:plain



 

 

「アウトドアブランドのスモアは、キャンプ用品をメインに、バック・水筒・服なども幅広く販売しています」

 

いろいろなものを販売しているので、スモアブランドで揃えられてもいいですね。

 

f:id:MAAKATU:20220113232542j:plain



 

 

「スモアブランドで、特に人気があるのがベル型テントと呼ばれるBelloシリーズ」

 

スモアのベルテントには、Bello300とBello400の2種類があり、どちらかというとゆったり使えるBello400の方が人気。

 

f:id:MAAKATU:20220113231711j:plain

 

 

 

 

今回は、今徐々に売れてきているスモアのBello400とBello400のグランドシートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
Bello400のグランドシート

 

f:id:MAAKATU:20220113231651j:plain

 

 

商品名:Bello400

材質:コットン35%、ポリエステル65%、ポリコットン

重量:約25kg

サイズ:[展開サイズ]約400*400cm [収納サイズ]90*30*30cm

利用人数目安:5~6 人

 

 

 

 

「スモアのテントは、白色を基調にしたテントをメインに発売しています」

 

白色と言えば、代表的なブランドがノルディスク。

 

スモアとノルディスクは、かなり似たテントを発売しています。

 

f:id:MAAKATU:20220113231742j:plain



 

 

「スモアのBello400とノルディスクのアスガルド12.6は、形とサイズがほぼ一緒。 Bello400のサイズは、400×400cmで高さ250cm」

 

f:id:MAAKATU:20220113231754j:plain



 

 

「400×375cmで、高さか250のアスガルド12.6のサイズ」

 

f:id:MAAKATU:20220113233357j:plain



 

 

「アスガルドは、我が家も保有しています」

 

f:id:MAAKATU:20220113231802j:plain

 

 

 

 

「アスガルド12.6もスモアのBello400も、サイズはほぼ一緒ですが、値段がかなり違います」

 

スモアのBello400の価格は、7万円台。

 

f:id:MAAKATU:20220113231711j:plain

 

 

 

 

「ノルディスクのアスガルド12.6の価格は、本体とフロアシートを足せば、17万円程の値段になってしまいます」

 

f:id:MAAKATU:20220113233355j:plain



 

 

「気軽に購入できるのが、スモアのBello400だと思います」

 

f:id:MAAKATU:20220113231717j:plain



 

 

「スモアのBello400は、ノルディスクのアスガルドと同じポリコットン生地」

 

アスガルド程分厚い幕質ではありませんが、Bello400のポリコットンもかなりしっかりとした生地。

 

幕質もしっかりとしていて丈夫なので、購入すると長く使用できます。

 

スモアBello400も、かなり分厚い生地。

 

f:id:MAAKATU:20220113233750j:plain

 

 

 

 

「ポリコットンの生地が分厚いので、幕内で暖めた空気を外に逃がしません」

 

f:id:MAAKATU:20220113231721j:plain



 

 

「出入り口や窓が少ない為、風通しが悪く夏には向きません」

 

夏以外の春秋冬が、快適に使用できる季節。

 

f:id:MAAKATU:20220113231659j:plain

 

 

 

 

「ストーブ専用の穴があるので、薪ストーブでキャンプをされる方にもおすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20220113231729j:plain



 

 

「付属のペクとガイロープは、しっかりとしたものが入っているので、別途購入しなくても大丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20220113231800j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220113231744j:plain




 

「手軽にベル型テントを購入したい方に、スモアのBello400はおすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 

 

 

 


 

 



 

グランドシート
 

 

f:id:MAAKATU:20220113233400j:plain

 

 

 

 

「Bello400のグランドシートは、7千円程で専用グランドシートが発売されています」

 

ただ、完全防水ではないので、長時間の雨で濡れた場合、浸水する可能性があります。

 

f:id:MAAKATU:20220113231752j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220113231726j:plain

 

 

 

 

「我が家は同じベル型テント、ノルディスクのアスガルドを設営する時、ユタカのシルバーシートを使用しています」

 

ユタカのシルバーシートは、分厚く雨水をシャットアウト。

 

f:id:MAAKATU:20220113231747j:plain



 

 

「生地が分厚いので、テントの床部分を保護してくれます」

 

値段も安く手軽なので、おすすめです。

 

シルバーシートは、ハサミで切ってもほつれないので、好きな形と長さに切れます。

 

我が家は四角い形で、中に折り込んで使っています。

 

f:id:MAAKATU:20220113231747j:plain



 

 

「折り込むとシルバーシートに厚みができ、より雨水が入ってきません」

 

スモアBello400にも、シルバーシートがおすすめです。

 

f:id:MAAKATU:20220113231749j:plain

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:MAAKATU:20220113231702j:plain

 

 

 

 

スモアのBello400は、7万円台と手軽に購入できるのがメリット。

 

手軽な値段ですが、幕質はしっかりとしていて丈夫。

 

グランドシートは、我が家も使用するシルバーシートがおすすめ。 とても分厚く、耐久性があります。

 

以上、「S'more(スモア) ベル型テントBello400のグランドシートはこれがおすすめ!詳しくブログで紹介!」でした。