わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

エントリー2ルームエルフィールドのグランドシート代用はこれしかない!詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211119000335j:plain

 

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211007012621j:plain

 

 

 

 

「最近は、夫婦で行くキャンプがほとんどですが、ちょっと前は家族でキャンプによく行ってました」

 

家族でキャンプをするのに使いやすいのが、2ルームテント。 2ルームテントは、家族で使いやすいように、設計された形と大きさ。

 

家族で使い勝手がいいのは、当たり前です。

 

f:id:MAAKATU:20211119000412j:plain

 

 

 

 

「2ルームテントの中で、人気がありよく売れているのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド」

 

人気があり売れている理由は、スノーピーク製でお手軽に購入できるから。

 

これに尽きると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211127172557j:plain

 

 

 

 

今回は、人気があり売れている、エントリー2ルームエルフィールドのグランドシートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド:

 

f:id:MAAKATU:20211119000335j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあって、2ルームテントもいろいろなブランドから発売されています」

 

海外製や新しいブランドもいれれば、たくさんの数。

 

そんな中で、人気があり今売れているのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド。

 

f:id:MAAKATU:20211127172624j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドが、人気があり売れている理由は、お手軽に購入できる値段だから」

 

スノーピークの製品は、高価な商品が多く、値段設定も高くなっています。

 

例えば、同じスノーピークの2ルームテント、ランドロックは17万円台の値段。

 

f:id:MAAKATU:20211024070923j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドが8万円台なので、ランドロックと比べると、いかに値段が安くお手軽に購入できるかがわかります」

 

スノーピーク製なので、安かろう悪かろうではありません。

 

f:id:MAAKATU:20211119003116j:plain

 

 

 

 

「生地は、分厚くもなく薄くもない感じ」

 

同じスノーピーク製品でいうと、アメニティドームを想像してもらったらいいと思います。

 

エントリー2ルームエルフィールドの生地は、アメニティドームとよく似ています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「スノーピークだけあって、 フレームは、アルミで軽くてしっかりとしています」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 


 

 

 

 

 

グランドシート:

 

f:id:MAAKATU:20211119000335j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントなので、インナーテントが寝室になります」

 

インナーテントのサイズは、315×230で高さが175cm。 ランドロックのインナーテントは、真四角なので比較的サイズ選びが簡単。

 

それに比べてエントリー2ルームエルフィールドは、台形になっているので、形をつくるのにけっこう面倒です。

 

f:id:MAAKATU:20211127172639j:plain

 

 

 

 

「我が家は、今保有している全てのテントを張る時に、シルバーシートを使用」

 

シルバーシートはブルーシートと違い、生地が分厚くなっています。

 

後、見た目もブルーシートよりかは、良いと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211020011314j:plain

 

 

 

 

「インナーテントは地面と接するので、地面に石があったりすると、その上に敷くとやぶれる可能性もあります」

 

インナーテントの下にシルバーシートを敷くことで、インナーテントの底部分のダメージ防止にもなります。

 

シルバーシートは、ハサミで切っても、切り口がボロボロにはなりません。

 

f:id:MAAKATU:20211020011308j:plain

 

 

 

 

「インナーテントのサイズより少し大きく切って、折り返して下さい」

 

シルバーシートに厚みができることで、雨水の侵入を防ぎます。

 

シルバーシートは、グランドシートの代用になるので、絶対におすすめできます。

 

f:id:MAAKATU:20211023213643j:plain

 


 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211119000335j:plain



 

 

エントリー2ルームエルフィールドのグランドシート、おすすめはシルバーシート。

 

シルバーシートは、我が家のキャンプの必需品です。

 

分厚いので、例え石があっても、シルバーシートを敷いておくと、インナーテントがやぶれることはありません。

 

やぶれてしまうと、修理など大変なので、気をつけてください。