わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

エントリー2ルームエルフィールドでスカートを自作する必要なし!その理由を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211127172634j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからテントが発売されています」

 

新規のブランドも増え、それを入れるとかなりの数。

 

後、我が家も使用してますが、海外製ブランドのテントもありますね。

 

f:id:MAAKATU:20211111010850j:plain

 

 

 

 

「たくさんあるテントの中で、家族で使い勝手がいいのが2ルームテント」

 

2ルームテントは、家族で使いやすく設計されたサイズと形。

 

その2ルームテントで、人気があり売れているのが、エントリー2ルームエルフィールド。

 

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品」

 

そんなエントリー2ルームエルフィールドですが、ひとつだけデメリットがあります。

 

それは、スカートが全周についていないこと。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain



 

 

「リビングにはスカートがついていますが、寝室部分にはスカートがついていません」

 

風の強い日は、スカートがない寝室部分から隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211119004643j:plain

 

 

 

 

今回は、その隙間風防止にどうしたらいいのかを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド:

 

f:id:MAAKATU:20211119004646j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番人気がある商品」

 

人気があり売れているのは、スノーピークの製品がお手軽に購入できるから。

 

例えば、2ルームテントの王者と言われているランドロックは17万円台。

 

f:id:MAAKATU:20211024070926j:plain



 

 

 「それに比べて、エントリー2ルームエルフィールドは、8万円台とかなりの破格な値段」

 

f:id:MAAKATU:20211127172645j:plain



 

 

「幕厚は薄くもなく、分厚くもない感じ」

 

同じスノーピークの製品でいうと、アメニティドームと、幕質幕厚が似ています。

 

スノーピーク製品だけに、しっかりとしたつくりにはなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミ製で軽くて丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 


 

 

 

 

 

スカートが全周ない:

 

f:id:MAAKATU:20211119000322j:plain



 

 

 「エントリー2ルームエルフィールドの唯一の欠点が、全周にスカートがないこと」

 

リビングにはスカートがありますが、寝室部分にはスカートがありません。

 

f:id:MAAKATU:20211127172653j:plain

 

 

 

 

「春や秋は、それほど気温が下がらないので、大丈夫ですが、冬に隙間風が入ってくると、かなり寒くなります」

 

冬は北風が強く、冷たい隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211127172634j:plain

 

 

 

 

「スカートを自作されている人も、いるのにはいますが、見た目が悪く手間もいります」

 

スカートをつけるより、暖房出力の高い石油ストーブを使った方が快適。

 

f:id:MAAKATU:20211127035423j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

例えば、キャンプで使う石油ストーブで有名なフジカハイペットですが、暖房出力か2.5kwとなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「それに比べて、キャンプ最強の石油ストーブと言われているのが、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブ」

 

トヨトミKSシリーズは6.66kwで、コロナ対流型ストーブが6.59kwの暖房出力。

 

2種類共に、フジカハイペットより、倍以上の暖かさがあります。

 

f:id:MAAKATU:20211003172604j:plain

 

f:id:MAAKATU:20211003172614j:plain

 

 

 

 

 「真冬のキャンプでも、エントリー2ルームエルフィールド内で、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブ1台で、かなり暖かいです」

 

思っている以上に暖かいので、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブはおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 

 

 

 

「トヨトミKSシリーズ・コロナ対流型ストーブ、どちらか1台あると、スカートが全周ないエントリー2ルームエルフィールドでも、真冬のキャンプ快適に過ごせます」

 

かなり火力が強いので、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも安心。

 

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain

 

 

 

 

「見た目がよく人気があるのが、コロナ対流型ストーブ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain




 

 

 

 

 

 

 

「丸い形でおしゃれなのが、トヨトミKSシリーズ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035413j:plain

 




 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain





 

エントリー2ルームエルフィールドは、全周にスカートがついていません。

 

リビング側にはスカートがついてますが、寝室部分にはスカートがないので、隙間風が入ってきます。

 

隙間風対策に、自作のスカートをつけようと考えておられると思いますが、見た目が悪いのと手間がいります。

 

自作のスカートをつけるより、暖房出力の高い石油ストーブを使った方が暖かいです。

 

おすすめは、トヨトミKSシリーズとコロナ対流型ストーブです。

 

 

 

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールドで冬キャンプを超快適に!我が家の方法を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなメーカーからテントが発売されています」

 

新しいアウトドアブランドも増え、それを入れるとたくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20211127041357j:plain

 

 

 

 

「たくさんあるテントの中で、家族で使用するのに向いているのが2ルームテント」

 

2ルームテントは、家族で使用しやすいように、設計されたサイズと形。

 

f:id:MAAKATU:20211004235324j:plain

 

 

 

 

「そんな、家族で使用するのに使い勝手がいい2ルームテント」

 

その中で一番人気があり売れているのが、スノーピークから発売されているエントリー2ルームエルフィールド。

 

エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品。

 

f:id:MAAKATU:20211127172624j:plain

 

 

 

 

そんな人気のあるエントリー2ルームエルフィールドですが、冬に使用できるのか? その方法を詳しくブログで、紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

エントリー2ルームエルフィールド:

 

f:id:MAAKATU:20211127172616j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで一番売れている商品」

 

人気があるのには、それだけの理由があります。

 

f:id:MAAKATU:20211127172608j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピークから発売されている2ルームテント」

 

スノーピークといえば、アフターフォローもしっかりしており、全体的に高価な商品が多いのが特徴。

 

f:id:MAAKATU:20211127172606j:plain



 

 

「例えば、2ルームテントの王者と言われているランドロックが17万円台」

 

f:id:MAAKATU:20211024070928j:plain



 

 

「それに比べて、エントリー2ルームエルフィールドは、8万円台で購入できる2ルームテント」

 

人気が出ない訳はありません。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、スノーピーク製で、手軽に購入できる値段だから、人気が出たということがあります」

 

f:id:MAAKATU:20211119000348j:plain

 

 

 

 

「幕質は、分厚くもなく薄くもない感じ」

 

スノーピークの他のテントと比べると、アメニティドームと幕質と幕厚が似ています。

 

スノーピーク製品だけあって、しっかりとはつくられています。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミ製で軽くて丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 


 

 

 

 

 

「人気があり売れている、エントリー2ルームエルフィールドですが、ひとつだけデメリットがあります」

 

それは、全周にスカートがないこと。

 

f:id:MAAKATU:20211119000345j:plain

 

f:id:MAAKATU:20211119004643j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、リビング部分にはスカートがありますが、寝室の方にはスカートがありません」

 

冬場は北風が強い日が多いので、風の強い日は、スカートのない寝室の方から、隙間風が入ってきます。

 

f:id:MAAKATU:20211119000348j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドは、春夏秋冬使える4シーズンテントではなく、3.5シーズン使用できるテントだと思います」

 

f:id:MAAKATU:20211119000353j:plain

 

 

 

 

「そんな2ルームエルフィールドですが、冬場は隙間風が入ってきても、温度が下がらないような、暖房出力の高い石油ストーブがあれば快適」

 

f:id:MAAKATU:20211127035423j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなっています。

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain



 

 

「キャンプで人気のあるフジカハイペットは、暖房出力が2.5kw」

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「キャンプで最強と言われている、トヨトミKSシリーズが6.66kw」

 

f:id:MAAKATU:20211127035402j:plain



 

 

「コロナ対流型ストーブが6.59kwと、フジカハイペットより倍以上の暖かさがあります」

 

f:id:MAAKATU:20211127035400j:plain



 

 

「トヨトミKSシリーズ・コロナ対流型ストーブ、どちらか1台あると、スカートが全周ないエントリー2ルームエルフィールドでも、真冬のキャンプ快適に過ごせます」

 

かなり火力が強いので、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも安心。

 

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain

 

 

 

 

「見た目がよく人気があるのが、コロナ対流型ストーブ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035407j:plain




 

 

 

 

 

 

 

「丸い形でおしゃれなのが、トヨトミKSシリーズ」

 

f:id:MAAKATU:20211127035413j:plain

 




 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211127172643j:plain





エントリー2ルームエルフィールドは、スカートが全周ない為、風の強い日は、スカートがないところから隙間風が入ってきます。

 

幕内を暖めるなら、暖房出力の高い、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば快適。

 

エントリー2ルームエルフィールドで寒い季節にキャンプをするなら、そのどちらかのストーブがあれば、幕内で暖かく過ごせます。

 

 

 

 

超快適!エントリー2ルーム エルフィールドでお座敷スタイル!

f:id:MAAKATU:20211127172552j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、たくさんのアウトドアブランドから、いろいろなキャンプアイテムが発売されています」

 

今回紹介する2ルームテントも、たくさんのアウトドアブランドから発売されています。

 

f:id:MAAKATU:20211004235324j:plain

 

 

 

 

「購入する時、どのメーカーのどのサイズの2ルームテントを購入したらいいか迷います」

 

購入に迷ったら、人気ナンバーワンの2ルームテントを選ぶのもひとつの方法。

 

f:id:MAAKATU:20211127172613j:plain

 

 

 

 

「今回、我が家が紹介するエントリー2ルームエルフィールドは、現在2ルームテントで一番売れている商品」

 

人気があるのには、それだけの理由かあります。

 

f:id:MAAKATU:20211127172616j:plain

 

 

 

 

スノーピークは、アフターフォローもしっかりして高品質の商品」

 

値段が高いというのが、スノーピークの製品のイメージ。

 

ちなみに、2ルームテントの王者と言われているランドロックが17万円台なので、8万円台のエントリー2ルームエルフィールドはかなり激安。

 

f:id:MAAKATU:20211024070919j:plain

 

 

 

 

「安心のスノーピーク製の2ルームテントが、8万円で購入できるということで、とても人気があり売れています」

 

f:id:MAAKATU:20211119000325j:plain



 

 

そんな人気があり売れている2ルームテント、エントリー2ルームエルフィールド。

 

今回は、エントリー2ルームエルフィールドで、お座敷スタイルのやり方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

お座敷スタイル:

 

f:id:MAAKATU:20211127172555j:plain





「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで人気があり、最も売れている商品」

 

人気がある理由は、手頃で購入しやすい価格だから。

 

値段が安いから売れていて人気がある、それに尽きると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211127172637j:plain



 

 

「幕質は、分厚くもなく薄くもなくといった感じ」

 

スノーピーク製品だけあって、しっかりとつくられています。

 

同じスノーピークのアメニティドームと、よく似た幕厚と幕質。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミでしっかりとした太さ」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのサイズは、600×380cmで高さが200cm」

 

大きくもなく小さくもなく、ちょうどいいサイズ。

 

高さがあるので、実際は数字より大きく感じます。

 

f:id:MAAKATU:20211119004639j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのリビングのサイズは、380×370cmなので、4人家族で使用してベストなサイズ」

 

ゆったりと過ごすなら、お座敷スタイルがおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211127172627j:plain

 

 

 

 

「我が家は、お座敷スタイルのシートに、グリーンシートを使用」

 

ブルーシートでもいいとは思いますが、見た目でグリーンシートに決めました。

 

ブルーシートより、グリーンシートの方が、少し分厚い感じがします。

 

f:id:MAAKATU:20211127174511j:plain



 

 

グリーンシートは、いろいろなサイズが販売されていますが、自分の好きな大きさに切れます」

 

というのも、ハサミで切っても、グリーンシートは切れ目がもつれたり、バラけたりしません。

 

切った切れ目は、とてもきれい。

 

f:id:MAAKATU:20211024070740j:plain





 

「我が家も、好みのサイズに、グリーンシートを切りました」

 

f:id:MAAKATU:20211127174511j:plain



 



 

f:id:MAAKATU:20211028063639j:plain

 

 

 

 

「地面と接するところに、インナーマットの汚れ防止にグリーンシートを敷きます」

 

f:id:MAAKATU:20211127174524j:plain

 


 

 

 

 

 

グリーンシートの上は、オールウェザーブランケット」

 

オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造。

 

NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風、保温性に大変すぐれています。

 

f:id:MAAKATU:20211127174516j:plain

 

 

 

 

「防水性・保温性のあるオールウェザーブランケットは、特におすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20211127174518j:plain

 

 

 

 

 

 

 

オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット」

 

f:id:MAAKATU:20211127174508j:plain

 

 

 

 

「極厚の銀マットを敷く理由は、地面からの冷気防止」

 

寒くなってくると、地面から冷気か必ず発生します。

 

寒い時期、地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

地面からの冷気対策をしなければ、快適に過ごせません。

 

f:id:MAAKATU:20211024105756j:plain

 

 

 

 

「我が家は、極厚の銀マットを敷くことで、地面からの冷気をシャットアウトしています」

 

クッション性も高いので、極厚の銀マットは、かなりおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211014011444j:plain

 



 

 

「極厚の銀マットの上に、エルパソのブランケットを敷いています」

 

エルパソのブランケットは、我が家も使用しており、今売れている大人気のラグ。

 

見た目がおしゃれで、かなり生地が分厚く、寒い時期も重宝します。

 

f:id:MAAKATU:20211028063634j:plain

 

 

 

 

エルパソのブランケットは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするラグ」

 

f:id:MAAKATU:20211028063639j:plain

 


 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211127172627j:plain



 

 

エントリー2ルームエルフィールドでお座敷スタイルにするなら、グリーンシートがおすすめ。

 

見た目がよく値段も安いので、手軽に購入できます。

 

寒い時期は、間にオールウェザーブランケットを敷いて下さい。

 

オールウェザーブランケットを敷くことで、地面からの冷気対策になります。

 

 

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブの燃費は?キャンプで使用している我が家が徹底レビュー!

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain

 

 

 

 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211007012621j:plain

 

 

 

 

「寒くなると必要なのが、幕内を暖める暖房器具」

 

キャンプで使う暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブ・セラミックヒーター・電気ストーブなど、いろいろとあります。

 

電源があるサイトとないサイトでも、使用する暖房器具が違います。

 

f:id:MAAKATU:20211101005708j:plain



 

 

「キャンプの暖房器具で、よく使われているのが石油ストーブ」

 

石油ストーブは、寒い時期のキャンプになくてらならないもの。

 

最近は、寒い時期にキャンプをする方が増え、それに伴い石油ストーブの種類が増えました。

 

f:id:MAAKATU:20211125002208j:plain



 

 

「たくさんある石油ストーブの中で、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、コロナ対流型ストーブ」

 

キャンプ最強の石油ストーブと言われている通り、人気がありかなり今売れています。

 

コロナ対流型ストーブの人気かある理由は、とにかく使用して暖かいこと。

 

コロナ対流型ストーブ=暖かい、それに尽きると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211127035428j:plain

 

 

 

 

そんなコロナ対流型ストーブですが、他の石油ストーブに比べて、燃費が悪いのがデメリット。

 

今回は、キャンプで使う最強の石油ストーブ、コロナ対流型ストーブの燃費を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211127035423j:plain

 

 

 

 

「最近は、寒い時期にキャンプをする方が増え、それに伴い石油ストーブの種類も増えました」

 

韓国製や中国製を、入れるとたくさんの数。

 

昔に比べて、石油ストーブの種類も増えたので、選びやすくなりました。

 

f:id:MAAKATU:20211112012521j:plain

 

 

 

 

「いろいろな石油ストーブの中で、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブ」

 

コロナ対流型ストーブは、最強の石油ストーブと言われているだけあって、かなり人気があり売れています。

 

とにかく使用して暖かいと言うのが、使用した感想。

 

f:id:MAAKATU:20211003172624j:plain



 

 

「石油ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数字があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなっています。

 

例えば、現在予約から購入まで2年待ちの、我が家も保有するフジカハイペットですが、暖房出力が2.5kw。

 

暖房出力が2.5kwなので、それほど高くはありません。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain



 

 

「それに比べて、コロナ対流型ストーブは、6.59kwとかなり高め」

 

フジカハイペットと比べても、倍以上の暖房出力の高さがあります。

 

コロナ対流型ストーブは、暖かい分、燃費も悪くなってしまいます。

 

f:id:MAAKATU:20211003172617j:plain

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブは、7Lの灯油が入り、燃焼時間は11時間ほど」

 

火を強くすれば燃費は悪くなり、暖かくすると燃費がよくなります。

 

火の弱い強いはありますが、灯油を満タンにし、平均13時間あたりが、燃焼継続時間だと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211003172622j:plain

 

 

 

 

「春や秋のキャンプなら、それほど冷え込まないので、本体に灯油を満タンにして使用すると、途中給油は必要ありません」

 

灯油を満タンにし車で運んでも、灯油漏れを起こさないのが、コロナ対流型ストーブの良いところ。

 

f:id:MAAKATU:20211127035430j:plain

 

 

 

 

「真冬ならずっとつけっぱなしなので、途中給油が必要」

 

f:id:MAAKATU:20211127035400j:plain



 

 

「我が家は、おしゃれな灯油タンク、ヒューナースドルフのポリタンクを使用しています」

 

f:id:MAAKATU:20211127041357j:plain

 

f:id:MAAKATU:20211127041354j:plain

 




 

 

 

「コロナ対流型ストーブは、真冬のキャンプでも、ランドロックをコロナ対流型ストーブ1台で暖めてくれます」

 

f:id:MAAKATU:20211024070822j:plain

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブは、とにかく暖かいというのが、我が家の感想」

 

f:id:MAAKATU:20211127035421j:plain




 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211127035418j:plain



 

 

コロナ対流型ストーブは、他の石油ストーブと比べて燃費は悪い方。

 

燃費は悪いですが、かなり暖かいです。

 

ランドロックなど、大型2ルームテントだと、暖房器具に悩みます。

 

ランドロックを使用されている方も、コロナ対流型ストーブがおすすめ

 

 

 

 

 

 

キャンプで石油ストーブを使うと危ない?我が家の方法を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain

 

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」 

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211007012621j:plain

 

 

 

 

「我が家が寒い季節、キャンプをするのに、必ず持っていくのが石油ストーブ」

 

石油ストーブは、寒い季節の必需品で、なくてはならないもの。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「キャンプで使う暖房器具に、なぜ石油ストーブが人気かというと、簡単手軽に使えるから」

 

石油ストーブは、灯油を燃料にしているので、電源がないサイトでも使用できます。

 

手軽に使える割には暖かいので、寒い時期のキャンプには石油ストーブが必要です。

 

f:id:MAAKATU:20211003172548j:plain

 

 

 

 

そんな手軽で暖かい石油ストーブですが、必ず一酸化炭素が発生します。

 

キャンプで石油ストーブは危ないのか?年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 

 

 

 

 「寒い時期、幕内を暖めるのに必要なのが暖房器具」

 

キャンプで使う暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブ・セラミックヒーター・電気ストーブなど、暖房器具がたくさんあります。

 

その中で、手軽で暖かく、寒い時期によく使われているのが石油ストーブ。

 

f:id:MAAKATU:20211125002208j:plain

 

 

 

 

 「石油ストーブは、寒い時期、キャンプをするのに必要なアイテム」

 

最近は、寒い時期にキャンプをする人も増え、それに伴い石油ストーブの種類も増えています。

 

f:id:MAAKATU:20211112012541j:plain

 

 

 

 

「我が家のおすすめは、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブ」

 

コロナ対流型ストーブをおすすめする理由は、デザインと暖かさ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 

 

 

 

 「ストーブの暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

キャンプで有名な、我が家も使用するフジカハイペットは、暖房出力が2.5kw。

 

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain

 

 

 

 

「今回紹介する、コロナ対流型ストーブは6.59kw」

 

2.5kwのフジカハイペットと比べるて、かなり暖房出力高いです。

 

大型幕のランドロックでも、真冬のキャンプ、コロナ対流型ストーブ1台で快適。

 

f:id:MAAKATU:20211024070822j:plain

 

 

 

 

 「サイズは46×46㎝で、高さが59.8cmなので、サイズは少々大きいですが、その分暖かいです」

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 


 

 

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211124004734j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブをつけると、必ず発生するのが一酸化炭素

 

一酸化炭素の濃度が高いと、一酸化炭素中毒になるリスクがあります。

 

そのリスクを踏まえた上で、幕内で石油ストーブを使用して下さい。

 

f:id:MAAKATU:20211125002219j:plain

 

 

 

 

「幕内で石油ストーブを使用する時に、気をつけてほしいのが幕内の換気」

 

換気をすることで、一酸化炭素中毒を防ぎます。

 

f:id:MAAKATU:20211125013523j:plain

 

 

 

 

「上部についている換気口、ベンチレーションは必ず開けて下さい」

 

一酸化炭素は、空気より多少軽いので、ベンチレーションを開けると効果的。

 

ベンチレーション+出入り口か窓を20~30cm2ヶ所を開け、換気をします。

 

f:id:MAAKATU:20211124004428j:plain

 

 

 

 

「床がないシェルターや2ルームテントのリビングは、気密性がないので、それ程神経質にならなくても大丈夫」

 

f:id:MAAKATU:20211119000407j:plain

 

 

 

 

「床と壁がくっついているテント類は、気密性が高いので、気をつけて下さい」

 

幕内で石油ストーブを使用される場合、一酸化炭素警報機が必要。

 

f:id:MAAKATU:20211117234138j:plain

 

 

 

 

一酸化炭素警報機があると、安心安全に幕内で石油ストーブがつけれます」

 

f:id:MAAKATU:20211124004731j:plain

 

 

 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain



 

 

幕内で石油ストーブをつける場合、一酸化炭素中毒を防ぐために、換気が必要です。

 

換気さえすれば、一酸化炭素中毒になることはありません。

 

換気の為、幕の上部にあるベンチレーションは、必ず開けて下さい。

 

石油ストーブを幕内でつけるとき、一酸化炭素警報機があると安心安全です。

 

我が家も、石油ストーブ使用の時は、一酸化炭素警報機を配置しています。

 

 

 

 

これだけは絶対注意して!キャンプで使う石油ストーブ。

f:id:MAAKATU:20211125002221j:plain

 

 

 

 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211111010850j:plain



 

 

「気温が下がり、寒くなってくると必要なのが暖房器具」

 

キャンプで使う暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブ・セラミックヒーターなど、その他にもたくさんあります。

 

その中で、寒い季節によく使われているのが、石油ストーブだと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211110010759j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブは、燃料に灯油が使われているので、電源がないサイトでも使用できます」

 

f:id:MAAKATU:20211104214731j:plain

 

 

 

 

「数ある暖房器具の中で、簡単手軽に使用できるのが石油ストーブ」

 

そんな便利な石油ストーブですが、幕内で使用して気をつけることを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211003172557j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブの種類は2種類あり、燃料タンク一体型と、燃料がカートリッジタンクタイプがあります」

 

キャンプで石油ストーブを選ばれるなら、燃料タンク一体型を選んで下さい。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 

 

 

 

「燃料がカートリッジタンクタイプだと、灯油を入れて車で持ち運びをする時、灯油を全部抜かないと、灯油漏れのリスクがあります」

 

f:id:MAAKATU:20211125011114j:plain

 

 

 

 

「燃料タンク一体型だと、燃料を満タンにして車で運んでも、燃料漏れを起こしません」

 

f:id:MAAKATU:20211122003320j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということで、寒い時期にキャンプをする方も増えています」

 

それに伴い、石油ストーブ種類も増えました。

 

f:id:MAAKATU:20211125002200j:plain



 

 

「たくさんある石油ストーブの中で、キャンプで使う3大石油ストーブと呼ばれているのが、フジカハイペット・アルパカストーブ・レインボーストーブ」

 

フジカハイペットは、今現在、予約から手に届くまで、2年の時間がかかってしまいます。

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「フジカハイペットは、なかなか購入できないということで、選ぶならアルパカストーブとレインボーストーブの2種類」

 

f:id:MAAKATU:20211125002208j:plain

 

 

 

 

「レインボーストーブは、灯油満タン5Lで燃焼時間が連続20時間とかなり長め」

 

他にはない燃費の良さでも、大人気。

 

ただ、上部だけ暖かく、側面は全く暖かくないので、冬キャンプには向きません。

 

f:id:MAAKATU:20211104011014j:plain

 

 

 

 

「冬場、キャンプで石油ストーブを使うのならアルパカストーブ」

 

f:id:MAAKATU:20211125002200j:plain

 

 

 

 

 

 

 

「春や秋のキャンプしかやらないという方は、レインボーストーブがおすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20211104010951j:plain

 

 

 



 

 

一酸化炭素警報機:

 

f:id:MAAKATU:20211124004731j:plain



 

 

「現在、昔に比べてたくさんの種類の石油ストーブが発売されています」

 

たくさんある石油ストーブ、どの石油ストーブでも絶対注意してほしいのが一酸化炭素

 

灯油を使うどんな石油ストーブでも、一酸化炭素は発生します。

 

f:id:MAAKATU:20211124004734j:plain

 

 

 

 

「幕内で、石油ストーブを使う場合、換気が必ず必要です」

 

石油ストーブを使い、幕内で換気をする場合、出入り口を少しだけ開けて下さい。

 

あまり開けすぎると寒いので、ほどほどが大事。

 

f:id:MAAKATU:20211125013523j:plain




 

「必ず開けてほしいのが、ベンチレーション」

 

ベンチレーションは、幕の上部にある換気口。

 

一酸化炭素は、空気よりやや軽いので、ベンチレーションは効果を発揮します。

 

f:id:MAAKATU:20211124004428j:plain



 

 

「床と壁がくっついているテントは、気密性が高いので注意が必要」

 

出入り口とベンチレーションは、きっちり開けて下さい。

 

f:id:MAAKATU:20211111010853j:plain

 

 

 

 

「床がないタイプのシェルターや、2ルームテントのリビングなどは、床と地面がくっついていないので、気密性は全く高くありません」

 

床がないタイプのシェルターや、2ルームテントのリビングなどは、一酸化炭素に、それ程神経質にならなくても大丈夫。

 

f:id:MAAKATU:20211119000353j:plain

 

 

 

 

「幕内で、石油ストーブをつける場合、一酸化炭素警報機があれば安心」

 

一酸化炭素の濃度が上がると、アラームで知らせてくれます。

 

f:id:MAAKATU:20211124004734j:plain

 

 

 

 

一酸化炭素中毒のリスクが減るので、一酸化炭素警報機は必要」

 

f:id:MAAKATU:20211124004731j:plain

 

 

 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211125002200j:plain



 

 

石油ストーブは、一酸化炭素が必ず発生します。

 

幕内で石油ストーブを使用する場合、ベンチレーションと出入り口は必ず開けて下さい。

 

一酸化炭素警報機があると、石油ストーブを使用しても安心です。

 

一酸化炭素警報機は、ないよりある方が安全なので、石油ストーブを購入の際は、一緒に選んで下さいね。

 

 

 

 

 

センゴクアラジンのガスストーブは換気が必要?我が家の方法を詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211124002412j:plain

 

 

 

 

「年間50泊、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、1年を通して春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211111010850j:plain

 

 

 

 

「寒い季節、よく使われているのが、石油ストーブやカセットガスストーブ」

 

特にカセットガスストーブは、ガスボンベ1つで暖めてくれるので、とても手軽で重宝します。

 

カセットガスストーブは、真冬以外の季節、春や秋のキャンプにおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211124002402j:plain

 

 

 

 

「我が家も、春や秋のキャンプにカセットガスストーブを使用しています」

 

f:id:MAAKATU:20211124002919j:plain

 

 

 

 

「今、キャンプで使うカセットガスストーブで人気があるのが、センゴクアラジンのガスストーブ」

 

センゴクアラジンのガスストーブが人気のある理由は、見た目が可愛いくおしゃれな所。

 

サイトに置いとくと、とにかくおしゃれだということ。

 

f:id:MAAKATU:20211124002417j:plain

 

 

 

 

我が家も、センゴクアラジンのガスストーブを使用しています。

 

そんなセンゴクアラジンのガスストーブ、キャンプで使用していて換気は必要か?詳しくブログで、紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

センゴクアラジンガスストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211124002420j:plain



 

 

「発売された当時から人気があり売れているのが、センゴクアラジンから発売されているガスストーブ」

 

センゴクアラジンのガスストーブが、人気のある理由は、とにかく見た目がおしゃれなところ。

 

サイトに置いとくだけで、とても映えます。

 

f:id:MAAKATU:20211124002919j:plain



 

 

「おしゃれなカセットガスストーブを、探しておられる方にもおすすめ」

 

後、燃焼時のブルーのゆらめきの炎も、とても癒されます。

 

f:id:MAAKATU:20211124002415j:plain



 

 

「値段は、少々高めなのですが、購入して損はないと思います」

 

f:id:MAAKATU:20211124002359j:plain

 

 

 

 

「暖房器具の暖かさを表すのに、暖房出力という数値があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなっています。

 

センゴクアラジンガスストーブの、暖房出力は2.0kw。

 

f:id:MAAKATU:20211124002404j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブで人気のフジカハイペットが2.5kwなので、2.0kwだとそれ以下の暖かさになります」

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain



 

 

センゴクアラジンのガスストーブのおすすめな時期は、春や秋の気温があまり下がらない時期」

 

f:id:MAAKATU:20211124002357j:plain

 

 

 

 

「そんなセンゴクアラジンのカセットガスストーブですが、幕内で使用する場合、必ず換気は必要です」

 

f:id:MAAKATU:20211124002919j:plain



 

 

「燃料にカセットボンベを使用しているので、一酸化炭素か必ず発生します」

 

換気がなく締め切って使用すると、一酸化炭素中毒になるリスクがあります。

 

センゴクアラジンのガスストーブを使用する場合は、幕を少し開けて換気をして下さい。

 

あまり開けすぎると寒くなるので、ほどほどが大事。

 

f:id:MAAKATU:20211124002404j:plain

 

 

 

 

「必ず開けてほしいのが、ベンチレーション」

 

ベンチレーションは、幕の上部にある換気口。

 

一酸化炭素は、空気よりやや軽いので、ベンチレーションを開けておくと効果があります。

 

f:id:MAAKATU:20211124004428j:plain

 

 

 

 

「後、必ず用意してほしいのが、一酸化炭素警報機」

 

一酸化炭素警報機は、空気中に一酸化炭素が多くなると、アラームで反応します。

 

石油ストーブやカセットガスストーブなどを使用する時は、一酸化炭素警報機が必要。

 

f:id:MAAKATU:20211124004734j:plain



 

 

「我が家も使用するセンゴクアラジンのガスストーブは、見た目がとてもおしゃれ」

 

f:id:MAAKATU:20211124002919j:plain

 


 

 

 

 

 

センゴクアラジンのガスストーブを購入されるなら一緒に、一酸化炭素警報機も選んで下さい」

 

f:id:MAAKATU:20211124004731j:plain

 

 

 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211124002412j:plain



 

 

キャンプのカセットガスストーブで人気があるのが、センゴクアラジンのガスストーブ。

 

センゴクアラジンのガスストーブは、見た目がおしゃれでとても可愛いです。

 

我が家も、便利に使用しています。  

 

人気がありおしゃれなセンゴクアラジンのガスストーブですが、使用する時は必ず換気をして下さい。

 

一酸化炭素警報機があると安心なので、センゴクアラジンのガスストーブを購入する時は、一緒にぜひ選んでみて下さいね。

 

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブはキャンプで使用して暖かいのか?徹底レビュー!

f:id:MAAKATU:20211003172624j:plain

 

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、1年を通して春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

f:id:MAAKATU:20211117234138j:plain



 

 

 「寒い時期、快適に過ごす為に必要なのが暖房器具」

 

キャンプで使う暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・ファンヒーター・薪ストーブ・セラミックヒーターなど、いろいろとたくさんあります。

 

そのたくさんある暖房器具の中で、よく使われているのが石油ストーブ。

 

f:id:MAAKATU:20211112012531j:plain

 

 

 

 

「石油ストーブは、我が家も使用しており、寒い時期の必需品」

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「最近は、寒い時期にキャンプをする方も増え、それに伴い石油ストーブの種類も増えました」

 

韓国製や中国製を入れると、たくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20211112012518j:plain

 

 

 

 

「最近は、石油ストーブの種類も増えたこともあり、選べる石油ストーブの数が増えました」

 

いろいろある石油ストーブの中で、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、コロナから発売されているコロナ対流型石油ストーブ。

 

コロナ対流型石油ストーブが最強と言われている理由は、暖かさにあります。

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain

 

 

 

 

今回は、キャンプで使う最強石油ストーブ、コロナ対流型石油ストーブを、詳しくブログて紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、寒い時期にキャンプをする方も増えました」

 

それに伴い、石油ストーブの種類も増えました。

 

韓国製や中国製も入れると、たくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20211112012521j:plain

 

 

 

 

「昔に比べて、石油ストーブの種類も増え、選びやすくなりました」

 

たくさんある石油ストーブの中で、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、コロナから発売されているコロナ対流型石油ストーブ。

 

コロナ対流型石油ストーブが最強と言われる理由は、その暖かさにあります。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 

 

 

 

 「石油ストーブの暖かさを測るのに、暖房出力という数値があります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなります。

 

我が家も使用する、フジカハイペットの暖房出力が2.5kw。

 

f:id:MAAKATU:20211003172934j:plain

 

 

 

 

「コロナ対流型石油ストーブは、暖房出力が6.59kwあるので、フジカハイペットの倍以上」

 

真冬のキャンプ、ランドロック級の大型2ルームテントでも、コロナ対流型石油ストーブ1台で暖めてくれます。

 

f:id:MAAKATU:20211027002412j:plain

 

 

 

 

 「真冬のキャンプ、コロナ対流型石油ストーブがあると、どんな幕でも快適に過ごせます」

 

f:id:MAAKATU:20211003172602j:plain

 

 

 

 

「コロナ対流型石油ストーブは、冬キャンプには、なくてはならないもの」

 

暖房出力が高く、かなり暖かい石油ストーブですが、サイズがフジカハイペットより、ひとまわり大きなサイズ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172548j:plain

 

 

 

 

「サイズは、46cm×46cm、高さが59.8cmになります」

 

サイズは、少し大きいですが、めちゃくちゃ暖かいのでおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172604j:plain

 


 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211003172624j:plain



 

 

キャンプで使う最強の石油ストーブといえば、コロナ対流型ストーブがあります。 見た目もよく、かなり暖かいのでおすすめ。

 

真冬のキャンプでも、ランドロック級の2ルームテントを1台で暖めてくれます。

 

コロナ対流型ストーブは、我が家のおすすめの 石油ストーブです。

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブはキャンプで持ち運びをして漏れるか?使用する我が家が詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20211003172608j:plain

 

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。  

 

1年を通して、キャンプをしている我が家。

 

f:id:MAAKATU:20211007012621j:plain

 

 

 

 

「寒い季節、必要なのが暖房器具」

 

最近は、キャンプブームということもあり、寒い時期にキャンプをする方も増えています。

 

それに伴い、キャンプで使う暖房器具もさまざま。

 

f:id:MAAKATU:20211112013452j:plain

 

 

 

 

「キャンプで使う暖房器具として使うのが、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブ・セラミックヒーター・ファンヒーターなど、他にもいろいろとあります」

 

いろいろある暖房器具の中で、最も寒い時期に使われているのが石油ストーブ。

 

石油ストーブは、寒い時期になくてはならないもの。

 

f:id:MAAKATU:20211003172617j:plain



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、寒い時期にキャンプをする方も増え、石油ストーブの種類も増えました」

 

韓国製や中国製を入れると、たくさんの数。

 

f:id:MAAKATU:20211112012521j:plain



 

 

その中で、最強の石油ストーブと言われているのが、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブ。

 

今回は、コロナ対流型ストーブの使い勝手と、持ち運び時に灯油が漏れを起こさないかを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

コロナ対流型石油ストーブ:

 

f:id:MAAKATU:20211003172554j:plain



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、寒い時期にキャンプをする方も増えています」

 

それに伴い、寒い時期に石油ストーブを使用している方も多いはず。

 

いろいろな石油ストーブの中で、キャンプで使う最強石油ストーブと言われているのが、コロナ対流型ストーブ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172548j:plain

 

 

 

 

「なぜ、コロナ対流型ストーブが最強だと言われているかというと、石油ストーブの暖かさによるもの」

 

f:id:MAAKATU:20211003172617j:plain



 

 

「石油ストーブの暖かさをみるのに、暖房出力という指数かあります」

 

暖房出力が高いほど、暖かくなっています。

 

コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kwあり、他の石油ストーブと比較にならない暖かさ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172622j:plain



 

 

「ちなみに、キャンプで人気のある、2年待ちのフジカハイペットが2.5kwなので、その暖かさがわかると思います」

 

f:id:MAAKATU:20211003172611j:plain

 

 

 

 

「真冬のキャンプで、大型幕のランドロックでも、コロナ対流型ストーブ1台で暖めてくれます」

 

暖かい分、フジカハイペットより一回り大きなサイズ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain



 

 

「コロナ対流型ストーブのサイズは、46×46cmで高さが59.8cm」

 

めちゃくちゃコンパクトとは言えませんが、その分、コロナ対流型ストーブ1台で幕内が暖まるので、他の石油ストーブと併用しなくても大丈夫。

 

真冬でもキャンプで快適に過ごすなら、コロナ対流型ストーブは必要です。

 

f:id:MAAKATU:20211003172602j:plain



 

 

「そんなキャンプで便利な最強の石油ストーブ、コロナ対流型ストーブですが、車で燃料を満タンにして運んでも、灯油漏れを起こしません」

 

f:id:MAAKATU:20211122003320j:plain

 

 

 

 

「それは、しっかりとしたパッキンにあります」

 

下記のような感じで、パッキンはしっかりとしています。

 

f:id:MAAKATU:20211122003322j:plain

 

 

 

 

「日本製の燃料一体型の石油ストーブは、基本灯油を入れて運んでも漏れません」

 

それだけ日本製は、しっかりとしているんですね。

 

暖房出力の高くて暖かい、灯油漏れを起こさないコロナ対流型ストーブは、我が家のおすすめの石油ストーブ。

 

f:id:MAAKATU:20211003172546j:plain

 


 

 

 

 

 

なるほど!わかった:

 

f:id:MAAKATU:20211003172608j:plain



 

 

コロナ対流型ストーブは、今キャンプで流行りの石油ストーブ。

 

真冬のキャンプ、ランドロック級の大型幕でも、コロナ対流型ストーブ1台で暖めてくれます。

 

そんな最強の石油ストーブ、コロナ対流型ストーブですが、灯油を満タンにして車で運んでも、灯油漏れを起こさない便利な石油ストーブです。