エイテントは雨の日に使用しても雨漏りするのか?詳しくブログで紹介。

 

 

 

「最近はキャンプ人気もあり、たくさんのブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくたんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。購入に迷ったら、今売れていて人気のあるテントを選ぶのもひとつの方法。

 

DODから発売されているエイテントは、今人気があり売れているテント。

 

 

 

 

「エイテントの人気がある理由は、おしゃれな見た目と、開放的な幕内だと思います」

 



 

「A型テントと言われているエイテントは、サイドの壁が立ち上がっているので、デッドゾーンが少なく幕内がかなり広く使えます」

 

下記の写真を見てもらうとわかりますが、ポールが1本も幕内にはありません。

 

 

 

 

「長いポール2本と、短いポール4本は全て幕の外にあります」

 

275×240cmのインナーテントのサイズですが、計6本のポールが外にあり、サイドが立ち上がっている分、同じサイズのテントより圧倒的に広く使えます。

 

 

 

 

「インナーテントの最大高が202cmあるので、大柄な男性でも、立って着替えをすることが可能」

 

最大高202cmあるエイテントは、圧迫感も全くありません。

 

 

 

 

「エイテントの大きな特徴は、夏場他のテントより涼しい所」

 

その理由は、インナーテントのつくりにあります。

 



 

「下記の写真をみてもらうとわかりますが、エイテントは4方向にメッシュがあります」

 

前後は、メッシュになる大型の出入り口。左右は、メッシュになる大型の窓。

 

4方向、大型の出入り口と大型のメッシュが備えつけられているので、夏場涼しくなっています。

 

 

 

 

「夏場涼しいテントの条件は、風通しが良いのか悪いのかで決まります」

 

エイテントは、4方向の大型のメッシュがあるので、夏場は他のテントより圧倒的に涼しくいられます。

 

 

 

 

「夏場涼しい理由は、風通しがいい大型のメッシュだけではありません」

 

エイテントが他のテントとは違う、ちょっと変わった特徴とは、サイドの壁はポリエステル生地になっていますが、屋根がTC素材になっています。

 

 

 

 

「TC素材とは、ポリエステル生地とコットン素材が混ざった混紡素材を言います」

 

TC素材の特徴は、遮光性があるので夏の強い日差しを軽減し、影が濃く涼しくいられるのが特徴。

 

4方向の大型メッシュとTC素材のおかげで、エイテントは夏場涼しく、夏におすすめのテント。

 

 

 

 

「エイテントは、夏に涼しくキャンプができるテントですが、夏だけではなく冬場も暖かく幕内で過ごせます」

 

エイテントは、前後の大型の出入り口2ヶ所と、左右の大型の窓2ヶ所全てフルクローズできます。

 

 

 

 

「インナーテントの床と、4方向の壁が繋がっている一体型なので、幕内で暖房器具をつければ、暖かく過ごせます」

 

背が高いテントなので、幕内で石油ストーブも入れることが可能。

 

 

 


 

 

 

 

 

雨の日
 

 

「エイテントは、壁がポリエステル生地にですが、屋根がTC素材になっています」

 

遮光性の高いTC素材は、一般的にポリエステル生地より雨に弱いとされています。

 

TC素材が雨に弱いとされている理由は、生地にコットン素材が混ざっている為、雨が生地に染み込んてしまう為。

 



 

「ただ、実際に雨の日に使用しても、雨水が生地に染み込みますが、漏れるということはありません」

 

エイテントは、屋根のTC素材の部分が、最低耐水圧350mmになっています。

 

ちなみに、テントの壁部分のポリエステル生地は、耐水圧2000mm。

 



 

「壁部分の耐水圧2000mmに対して、屋根部分の耐水圧350mmは、ずいぶん低く測られているので、350mmという数字は、あまり気にされなくても良いと思います」

 

例えば、傘の耐水圧が500mmなので、屋根の耐水圧350mmは、それ程低いとは感じません。

 

豪雨で、強い雨が長く降り続く場合なら雨漏りはあり得ますが、普通の雨なら問題はないと思います。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、TC素材はカビやすいということ」

 

ポリエステル生地の場合、1週間ほど濡れた状態で放っておいてもカビにくいです。

 

TC素材は、濡れた状態で1週間放置すると、完全にカビてしまいます。TC素材はカビやすいので、雨に濡れたらカビないように、すぐに乾かして下さい。

 

 

 

 

「耐水圧より、濡れたテントの乾燥の方が大事」

 

 

 

 

「エイテントのインナーは、4ヶ所がメッシュになるので夏は涼しく、フルクローズできるので冬も暖かいです」

 

エイテントは、春夏秋冬使えるオールマイティなテント。

 

 

 


 

 

 

 

 

「雨の時は、エイテント専用のタープ、ヒレタープがあると、出入りに濡れません」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、DODから発売されているエイテントは、雨の日に使用して大丈夫か?ということを記事にしました。

 

エイテントは、壁がポリエステル生地で、屋根がポリコットン生地になっているちょっと面白いテント。

 

ポリコットン生地は、我が家も使用してます。

 

素材にコットンが混ざっている為、雨水が生地に染み込みはしますが、雨漏りはしません。

 

雨の日も、安心して使用できるので、心配いりません。

 

雨漏りより、濡れたテントをいかに乾かすかを考えた方が良いと思います。

 

ポリコットン製の生地は、すくにカビるので注意が必要です。