わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ヤドカリテントは焚き火のすぐそばに張れるの?我が家が徹底検証! 

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからたくさんのテントが発売されています」

 

その中で、家族で使用できるテントで売れているのが、2ルームテントやワンポールテントだと思います。

 

2ルームテントで今人気があるのが、スノーピークのエルフィールドやコールマンのタフスクリーン2ルームハウスなど、手軽に購入できるもの。

 



 

 

「ワンポールテントで今の流行りは、サイドフラップのあるもの」

 

サイドフラップの付いているワンポールテントで今人気で売れているのが、DODから発売されているヤドカリテント。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、楽天のテントランキングでも常に上位」

 

人気があり売れているのには、やはりそれだけの理由があると思います。

 



 

 

今回は、ヤドカリテントの使い勝手と、焚き火をする時に気をつけることなど、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
人気のヤドカリテントで焚き火

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントが、人気があり売れている理由は、いろいろな張り方でアレンジできるから」

 

張り方を変えることで、寝室とリビングができ、2ルームテントみたいな使い方ができます。

 

天候や風向きで張り方をアレンジできるのも、ヤドカリテントの良い所。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、基本4本のポールで設営をします」

 

4本のポールを使用することで、ヤドカリテントの良さが最大限に引き出せます。

 

 

 

 

 

「ポール2本を使用したのが、下記のような感じ」

 

 

 

 

 

「ポール1本が、下記のような感じ」

 

 

 

 

 

「サイドフラップがタープの代わりになるので、ヤドカリテントを張る時は、タープは必要ありません」

 

 

 

 

 

「インナーテントは、ポリコットン素材になっており、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴」

 

 

430×290cmで、高さ300cmのインナーテントサイズ

 

 

 

 

「400×290cmあるので、4人家族でも十分なスペースを確保できます」

 

高さ300cmのインナーテント内は、立って移動でき圧迫感もありません。

 

 

 

 

 

 

「フライシートの裾には、スカートが付いており、隙間風を軽減」

 

スカートか付いていることで、寒い時期も使いやすいです。

 

 

 

 

 

「メッシュになる出入り口が3ヶ所あるので、風通しかいいのが特徴」

 

夏場も、他のワンポールテントより快適。

 

ヤドカリテントは、春夏秋冬使えるワンポールテント。

 

 

 

 

 

 

 



焚き火
 

 

「焚き火の火の粉に強いのは、ポリコットン素材のテント」

 

ポリコットン素材のテントは、焚き火の火の粉でダメージや穴があきにくい素材。

 



 

 

「焚き火を近くでやるなら、ポリコットンテントがおすすめ」

 

ヤドカリテントは、ポリコットン素材ではなく、ポリエステル素材。

 

焚き火の火の粉が付いてしまうと、一瞬でダメージになりやすいです。

 

 

 

 

 

「我が家もポリエステル素材のテントでよく焚き火をしますが、少し離れさせると大丈夫」

 

風の強い日は、特に気をつけて焚き火をして下さいね。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、今流行りのサイドフラップが付いているワンポールテント」

 

いろいろな張り方と、アレンジができるのでおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

最近人気があるのが、サイドフラップの付いているワンポールテント。

 

そのサイドフラップ付きのワンポールテントで人気があり売れているのが、DODから発売されているヤドカリテント。

 

ヤドカリテントは、いろいろな張り方ができ、天候や風向きでアレンジできます。

 

スカートが付いているので、冬にキャンプもできます。

 

メッシュになる3ヶ所の出入り口を開けると、風通しがよくなり、暑い時期でも快適。

 

ヤドカリテントは、春夏秋冬使える使い勝手のいいワンポールテント。

 

以上、「ヤドカリテントは焚き火のすぐそばに張れるの?我が家が徹底検証! 」でした