わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

大人気!ヤドカリテントのデメリットとメリットを徹底レビュー!



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

昔から今も人気があるのが、中央に1本のポールを立ち上げることで設営ができるワンポールテント。

 

ワンポールテントは、設営が楽ということもあり人気があります。

 

 

 

 

 

「ワンポールテントで、今よく売れているのがサイドフラップの付いているもの」

 

サイドフラップの付いているワンポールテントが、今の流行り。

 

 

 

 

 

「サイドフラップの付いているワンポールテントでおすすめなのが、DODから発売されているヤドカリテント」

 

 

 

 

 

ヤドカリテントは、楽天のテントランキングで上位で、かなり売れています。

 

そんな人気があり売れているヤドカリテントのメリットとデメリットを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
ヤドカリテントのデメリットとメリット

 

 

 

 

 

ヤドカリテントのメリット
 

 

「ヤドカリテントの大きなメリットは、サイドフラップが付いている為、雨や風からの影響を軽減できること」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、4本のポールを使って張り出すことで、寝室とリビングができ、2ルームテントみたいな使い方ができます」

 

天候や風向きで、張り方のアレンジができるのもヤドカリテントの良いところ。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、基本4本のポールを使って張り出しますが、ポール1本でも2本でも張り出すことは可能」

 

ポール2本だと、下記のような感じ。

 

 

 

 

 

「ポール1本でも、張り出すことが可能」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、4本のポールを使い張り出すことでタープ代わりにもなるので、ヤドカリテントを使用する時はタープはいりません」

 

 

 

 

 

「ワンポールテントなので、設営がとても楽なのもヤドカリテントをおすすめする理由」

 

 

 

 

 

「インナーテントは430×290cmあるので、4人家族でも十分なスペースを確保できます」

 

高さが300cmあるので立って移動ができ、圧迫感もありません。

 

 

 

 

 

「フライシートの裾部分にはスカートが付いている為、冬場の冷気や隙間風を軽減」

 

スカートが付いている為、ヤドカリテントは冬場も使える4シーズンテント。

 



 

 

ヤドカリテントのデメリット
 

 

「ヤドカリテントは、デメリットよりメリットの方が多いです」

 

ヤドカリテントは、ポリコットン製ではなくポリエステル素材。

 

ポリエステル素材は、ポリコットン素材より遮光性が高くありません。

 

 

 

 

 

「夏場の暑い時期は、涼しさがやはり落ちてしまいます」

 



 

 

「ヤドカリテントはフルクローズすることができ、フルクローズするとリビング部分の前室が狭くなります」

 

靴やちょっとした荷物ぐらいしか置けないのが、フルクローズにするデメリット。

 

 

 

 

 

「サイドフラップを広げてからフルクローズにする時、サイドフラップを開けてしまうと、高すぎてジッパーが閉めにくいです」

 

中央のポールを傾けるかしてジッパーを閉めなければいけないので、割と手間がかかります。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、多少のデメリットはありますが、メリットの方がたくさんあるのでおすすめ」

 

春夏秋冬使えるので、とても重宝すると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

最近、キャンプで流行っているのが、サイドフラップの付いたワンポールテント。

 

サイドフラップが付いていることで、雨や風の軽減になります。

 

4本のポールを使い張り出すことで、2ルームテントみたいな使い方ができます。

 

ヤドカリテントは、多少のデメリットはありますが、メリットの方が多いのでおすすめ。

 

以上、「大人気!ヤドカリテントのデメリットとメリットを徹底レビュー!」でした。