わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

徹底レビュー!ヤドカリテントのインナーテントのサイズや広さを詳しくブログで紹介。

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということで、いろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのどの形のテントを選んだらいいか迷います。

 

購入に迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法。

 



 

 

「ワンポールテントは、昔から今も人気がある形」

 

 

 

 

 

「キャンプ場に行くと、多くのワンポールテントを見かけます」

 

最近の人気があるワンポールテントの形は、サイドフラップのあるもの。

 

 

 

 

 

「サイドフラップのあるワンポールテントで人気があるのが、DODから発売されているヤドカリテント」

 

ヤドカリテントの特徴は、ポールを使い張り出すことで、いろいろなアレンジができること。

 

 

 

 

 

「インナーテントは、4人家族で十分なスペースがあるので、ゆったりと過ごせます」

 

 

 

 

 

今回は、ヤドカリテントのサイズ感と、使い勝手を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
徹底レビュー!ヤドカリテントのサイズ

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは6ヶ所をペクダウンし、中央に1本のポールを立ち上げるだけで設営ができるので簡単」

 

短時間で設営ができるのが、ヤドカリテントの良いところ。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、4本のポールを使うことで、寝室とリビングができ、2ルームテントみたいな使い方がてきます」

 

天候や風向きで、張り方をアレンジできるのもヤドカリテントの良い所。

 



 

 

「ヤドカリテントは、基本4本のポールを使ってアレンジし張り出します」

 

ポールは、1本でも2本でも張り出すことができます。

 



 

 

「ポール2本だと、下記のような感じ」

 

 

 

 

 

 「ポール1本でも、張り出すことができます」

 

 

 

 

 

「4本のポールを使って張り出すことでタープ代わりにもなるので、ヤドカリテントの設営時は、別途タープを張る必要はありません」

 

 

 

460×460cmで、高さ300cmの本体サイズ

 

 

 

 

「460×460cmのサイズしかないので、めちゃくちゃ大きなワンポールテントではありません」

 

ただ、4本のポールを立ち上げることで、広く使用できます。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントはフルクローズにし、締め切ることもできます」

 

締め切ることで前室ができますが、その前室は狭く靴やちょっとした荷物しか置けません。

 

 

 

430×290cmで、高さ300cmのインナーテントサイズ

 



 

 

「幕を締め切って使用しても、インナーテントが広いので、ゆったりとくつろげます」

 

400×290cmのインナーテントのサイズなので、家族4人で使用しても十分なスペース。

 

高さが300cmあるので、立ったまま移動ができ、圧迫感がありません。

 

 

 

 

 

「インナーテントは、ポリコットン素材になっており、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、フライシートの裾部分にスカートがあります」

 

スカートがあることで、隙間風を軽減してくれます。

 

 

ヤドカリテントは、スカートがあるので冬場も使える4シーズンテント

 

 

 

 

「フルクローズすることで、真冬のキャンプも快適に使用できます」

 



 

 

「メッシュになる出入り口が3ヶ所もあるので、 風通しが良く、他のワンポールテントより夏場涼しいです」

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、春夏秋冬使えるワンポールテント」

 

ワンポールテントにサイドフラップが付いているので、寒い季節も快適。

 

 

 

 

 

「ヤドカリテントは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするワンポールテント」

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

 

最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからテントが発売されています。

 

テントの中で昔から今も人気があるのか、ワンポールテント。

 

ワンポールテントで人気があるのが、サイドフラップ付きのもの。

 

DODから発売されているヤドカリテントは、サイドフラップが付いたワンポールテントで今売れていて人気があります。

 

ヤドカリテントは、ポール4本使用することで、2ルームテントみたいな使い方がてき、とても便利。

 

天候や風向きで、アレンジすることができます。

 

以上、「徹底レビュー!ヤドカリテントのインナーテントのサイズや広さを詳しくブログで紹介」でした。