超快適!エントリー2ルーム エルフィールドでお座敷スタイル!

f:id:MAAKATU:20211127172552j:plain

 

 

 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、たくさんのアウトドアブランドから、いろいろなキャンプアイテムが発売されています」

 

今回紹介する2ルームテントも、たくさんのアウトドアブランドから発売されています。

 

f:id:MAAKATU:20211004235324j:plain

 

 

 

 

「購入する時、どのメーカーのどのサイズの2ルームテントを購入したらいいか迷います」

 

購入に迷ったら、人気ナンバーワンの2ルームテントを選ぶのもひとつの方法。

 

f:id:MAAKATU:20211127172613j:plain

 

 

 

 

「今回、我が家が紹介するエントリー2ルームエルフィールドは、現在2ルームテントで一番売れている商品」

 

人気があるのには、それだけの理由があります。

 

f:id:MAAKATU:20211127172616j:plain

 

 

 

 

「スノーピークは、アフターフォローもしっかりして高品質の商品」

 

値段が高いというのが、スノーピークの製品のイメージ。

 

ちなみに、2ルームテントの王者と言われているランドロックが17万円台なので、8万円台のエントリー2ルームエルフィールドはかなり激安。

 

f:id:MAAKATU:20211024070919j:plain

 

 

 

 

「安心のスノーピーク製の2ルームテントが、8万円で購入できるということで、とても人気があり売れています」

 

f:id:MAAKATU:20211119000325j:plain



 

 

そんな人気があり売れている2ルームテント、エントリー2ルームエルフィールド。

 

今回は、エントリー2ルームエルフィールドで、お座敷スタイルのやり方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 

*タイトル
エントリー2ルーム エルフィールドでお座敷スタイル

 

f:id:MAAKATU:20211127172555j:plain





「エントリー2ルームエルフィールドは、2ルームテントで人気があり、最も売れている商品」

 

人気がある理由は、手頃で購入しやすい価格だから。

 

値段が安いから売れていて人気がある、それに尽きると思います。

 

f:id:MAAKATU:20211127172637j:plain



 

 

「幕質は、分厚くもなく薄くもなくといった感じ」

 

スノーピーク製品だけあって、しっかりとつくられています。

 

同じスノーピークのアメニティドームと、よく似た幕厚と幕質。

 

f:id:MAAKATU:20211119003151j:plain

 

 

 

 

「フレームは、アルミでしっかりとした太さ」

 

f:id:MAAKATU:20211119003149j:plain

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのサイズは、600×380cmで高さが200cm」

 

大きくもなく小さくもなく、ちょうどいいサイズ。

 

高さがあるので、実際は数字より大きく感じます。

 

f:id:MAAKATU:20211119004639j:plain



 

 

「エントリー2ルームエルフィールドのリビングのサイズは、380×370cmなので、4人家族で使用してベストなサイズ」

 

ゆったりと過ごすなら、お座敷スタイルがおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211127172627j:plain

 

 

 

 

「我が家は、お座敷スタイルのシートに、グリーンシートを使用」

 

ブルーシートでもいいとは思いますが、見た目でグリーンシートに決めました。

 

ブルーシートより、グリーンシートの方が、少し分厚い感じがします。

 

f:id:MAAKATU:20211127174511j:plain



 

 

「グリーンシートは、いろいろなサイズが販売されていますが、自分の好きな大きさに切れます」

 

というのも、ハサミで切っても、グリーンシートは切れ目がもつれたり、バラけたりしません。

 

切った切れ目は、とてもきれい。

 

f:id:MAAKATU:20211024070740j:plain





 

「我が家も、好みのサイズに、グリーンシートを切りました」

 

f:id:MAAKATU:20211127174511j:plain



 

 

グリーンシートの敷き方
 

 

f:id:MAAKATU:20211028063639j:plain

 

 

 

 

「地面と接するところに、インナーマットの汚れ防止にグリーンシートを敷きます」

 

f:id:MAAKATU:20211127174524j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「グリーンシートの上は、オールウェザーブランケット」

 

オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造。

 

NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。

 

f:id:MAAKATU:20211127174516j:plain

 

 

 

 

「防水性・保温性のあるオールウェザーブランケットは、特におすすめ」

 

f:id:MAAKATU:20211127174518j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット」

 

f:id:MAAKATU:20211127174508j:plain

 

 

 

 

「極厚の銀マットを敷く理由は、地面からの冷気防止」

 

寒くなってくると、地面から冷気か必ず発生します。

 

寒い時期、地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

地面からの冷気対策をしなければ、快適に過ごせません。

 

f:id:MAAKATU:20211024105756j:plain

 

 

 

 

「我が家は、極厚の銀マットを敷くことで、地面からの冷気をシャットアウトしています」

 

クッション性も高いので、極厚の銀マットは、かなりおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20211014011444j:plain

 

 

 

「極厚の銀マットの上に、エルパソのブランケットを敷いています」

 

エルパソのブランケットは、我が家も使用しており、今売れている大人気のラグ。

 

見た目がおしゃれで、かなり生地が分厚く、寒い時期も重宝します。

 

f:id:MAAKATU:20211028063634j:plain

 

 

 

 

「エルパソのブランケットは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするラグ」

 

f:id:MAAKATU:20211028063639j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「エントリー2ルームエルフィールドの値段は8万円台と、割と手軽に購入できる値段」

 

8万円台で購入できる割には、しっかりとしたつくり。

 

f:id:MAAKATU:20211119000315j:plain

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:MAAKATU:20211127172627j:plain



 

 

 

エントリー2ルームエルフィールドでお座敷スタイルにするなら、グリーンシートがおすすめ。

 

見た目がよく値段も安いので、手軽に購入できます。

 

寒い時期は、間にオールウェザーブランケットを敷いて下さい。

 

オールウェザーブランケットを敷くことで、地面からの冷気対策になります。

 

以上、「超快適!エントリー2ルーム エルフィールドでお座敷スタイル!」でした。