わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

S'more(スモア)のベルテント!Bello400を徹底レビュー!詳しくブログで紹介。

f:id:MAAKATU:20220113231711j:plain



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドから、たくさんの種類のテントが発売されています」

 

新しいブランドや海外製のテントを入れると、かなりの数。

 

f:id:MAAKATU:20220113231802j:plain

 

 

 

 

「購入する時、たくさんあり過ぎて、どのブランドのどの形のテントを選んだらいいか迷います」

 

今回紹介するのが、スモアというブランドのテント。

 

f:id:MAAKATU:20220113232542j:plain

 

 

 

 

「スモアは、2012年に設立したブランドで、本格始動したのが2020年とまだまだ新しい会社」

 

最近は、楽天のテントランキング入ってきており、まだ多くの人に知られていませんが、徐々に名前が浸透してきています。

 

f:id:MAAKATU:20220113231731j:plain

 

 

 

 

「今回紹介するのが、スモアから発売されているBello400」

 

スモアのBello400は、ベル型と言われている形のテントで、ノルディスクのアスガルドにとてもよく似ています。

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain



 

 

今回はスモアのBello400を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 
 

 

お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram

 

 

 

スモアのBello400:

 

f:id:MAAKATU:20220113231651j:plain




商品名:Bello400

 

  • 材質:コットン35%、ポリエステル65%、ポリコットン
  • 重量:約25kg
  • サイズ:[展開サイズ]約400*400cm [収納サイズ]90*30*30cm
  • 利用人数目安:5~6 人

 

 

 

 

「スモアのBello400とノルディスクのアスガルド12.6は、サイズも近くかなり似ています」

 

f:id:MAAKATU:20220113231742j:plain

 

 

 

 

「スモアのBello400のサイズは、400×400cmで高さが250cm」

 

f:id:MAAKATU:20220113233357j:plain

 

 

 

 

「ノルディスクのアスガルド12.6のサイズは、400×400cmで高さが250cm」

 

少々サイズの違いはありますが、ほぼサイズは一緒。

 

f:id:MAAKATU:20220113231754j:plain

 

 

 

 

「スモアのBello400とノルディスクのアスガルド12.6は、形もサイズもほぼ同じです」

 

f:id:MAAKATU:20220113233355j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain




 

「スモアのBello400を購入するメリットは、値段の手軽さ」

 

ノルディスクのアスガルド12.6は、本体の他、床になるフロアを購入すると、本体+フロアで18万円ほどになってしまいます。

 

f:id:MAAKATU:20220113231754j:plain



 

 

「それに対して、スモアのBello400は、本体+フロアを入れて7万円台で購入できる手軽さ」

 

f:id:MAAKATU:20220113233357j:plain



 

 

「スモアBello400の幕質は、ノルディスクのアスガルドと同じポリコットン生地で、ポリコットン生地は分厚くしっかりとしたつくり」

 

手軽に購入できる値段ですが、安かろう悪かろうではありません。

 

f:id:MAAKATU:20220113233750j:plain



 

 

「ポリコットンには、撥水加工がされており 、雨が強い日でも安心」

 

f:id:MAAKATU:20220123234728j:plain



 

 

「ポリコットンテントを使用する一番のメリットは、結露が少ないこと」

 

ポリコットン素材が結露を吸収するので、水滴になりにくいです。

 

結露になりにくいので、撤収前にタオルなどで水滴を拭く作業をしなくてもいいので楽。

 

f:id:MAAKATU:20220113231729j:plain

 

 

 

 

「スモアのBello400にあって、ノルディスクのアスガルドにない所は、薪ストーブ用の煙突穴が付いているところ」

 

薪ストーブの煙突穴があるので、幕内で薪ストーブを設置することが可能。

 

Bello400で、薪ストーブを楽しむことができます。

 

f:id:MAAKATU:20220113231654j:plain

 

 

 

 

「細かな所までよく考えているのが、テントを固定するペグ」

 

ペグがしっかりとしているので、別途購入する必要はありません。

 

f:id:MAAKATU:20220113231800j:plain

 

 

 

 

「上部には4つの通気口があり、下部には4つのメッシュ付き窓があります」

 

f:id:MAAKATU:20220117231848j:plain



 

 

「ただ、ノルディスクのアスガルドもスモアのBello400もメッシュ窓が小さいので、夏場は風通しが少ないです」

 

f:id:MAAKATU:20220113231711j:plain



 

 

「夏場は、他のテントより暑いと思うので、春秋冬をメインに、特に寒い季節は快適に過ごせます」

 

ポリコットンの厚い生地が、暖房器具で暖めた空気を外に逃しにくいので、寒い季節でも快適。

 

どちらかというと、真冬に使用してもらいたいテントですね。

 

f:id:MAAKATU:20220113231721j:plain



 

 

「ノルディスクのアスガルドと、形とサイズが似たベル型テントが、7万円台で購入できるので、かなりお手軽」

 

サイズは、400×400cmもあるので、4人家族で使用しても十分なスペースを確保できます。

 

f:id:MAAKATU:20220113231734j:plain

 


 

 

 

 

 

なるほど!わかった!

 

f:id:MAAKATU:20220113231702j:plain

 

 

 

 

スモアのテントは、最近人気が出てきて、楽天のテントランキングでも、見るようになってきました。

 

スモアのテントのおすすめなところは、値段の安さ。 手頃に購入できる値段ですが、テントは安かろう悪かろうではなく、しっかりとしたつくり。

 

スモアのテントで、一番売れているのがBello400。

 

とても使いやすいサイズで、4人家族で使用しても、十分なスペースがあります。