わかった❗️キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ソロベースの快適なレイアウトはこれがおすすめ!詳しくブログで紹介!

f:id:MAAKATU:20220406013824j:plain



 

 

「最近は、キャンプブームということもあり、ソロでキャンプをする方が増えました」

 

それに伴い、ソロテントもたくさんのブランドから発売されています。

 

現在のソロテントの流行りは、ポリコットン素材のパップ型テントやワンポールテント。

 

f:id:MAAKATU:20220406013806j:plain

 

 

 

 

「今回紹介するバンドックのソロベースは、ポリコットン素材のパップ型テントで、今流行りのテント」

 

人気があり、かなり売れています。

 

f:id:MAAKATU:20220406013816j:plain

 

 

 

 

今回は、バンドックから発売されているソロベースのレイアウトを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

f:id:MAAKATU:20211003163637j:plain

 
 

 

 

*タイトル
ソロベースのレイアウト

 

f:id:MAAKATU:20220406013829j:plain



 

 

「バンドックから発売されているソロベースには、ソロベースとソロベースEXがあり、ソロベースEXにはスカートとサイドフラップが付いています」

 

f:id:MAAKATU:20220406013836j:plain

 

 

 

 

「ソロベースの生地は、ポリコットン製になっており、焚き火の火の粉に強いのが特徴」

 

幕の近くで、焚き火がやりやすくなっています。

 

ポリコットンは値段相応の生地で、それ程分厚さはありませんが、しっかりとしています。

 

f:id:MAAKATU:20220406013831j:plain

 

 

 

 

「インナーテントの生地も、それ程分厚さを感じません」

 

f:id:MAAKATU:20220406013813j:plain

 

 

 

 

190×85で高さ100cmのインナーテントサイズ

 

 

「1人で使うには十分なスペースを確保できますが、全体的に傾斜がありサイズの割には狭く感じます」

 

f:id:MAAKATU:20220406013821j:plain

 

 

 

 

360×190で高さが110cmのソロベース本体のサイズ

 

 

「高さが110cmしかないので、ローチェアでも圧迫感を感じます」

 

f:id:MAAKATU:20220406013834j:plain



 

 

「圧迫感を感じず広く使うには、お座敷スタイルが良いと思います」

 

お座敷スタイルにするにはグランドシートが必要で、オレゴニアンキャンパーのグランドシートかおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20220406013829j:plain

 

 

 

 

「オレゴニアンキャンパーのグランドシートは、今流行りでかなり売れているシート」

 

売れていて人気があるのには、それだけの理由があります。

 

f:id:MAAKATU:20220325012516j:plain

 

 

 

 

「オレゴニアンキャンパーのグランドシートは、裏面に防水加工されており、地面のコンディションが悪くても染み込んできません」

 

生地は分厚く、しっかりとしたつくり。

 

f:id:MAAKATU:20220325012518j:plain

 

 

 

 

「丈夫につくられているので、痛むことなく長く使用できるのもオレゴニアンキャンパーのグランドシートの良いところ」

 

f:id:MAAKATU:20220325012513j:plain

 

 

 

 

「表面も撥水されており、汚れてもサッと拭くだけで取れます」

 

f:id:MAAKATU:20220325012508j:plain

 

 

 

 

「サイズは、S・M・Lの3種類があり、自分の使いやすいサイズを選ぶことが可能」

 

Sサイズの大きさは100×70cm

 

Mサイズの大きさは140×100cm

 

Lサイズの大きさは200×140cm

 
 

 

 

「カラーもカーキ・ブラウン・フォレスト・コヨーテ・カモなどがあり、自分好みの色をチョイスできます」

 

f:id:MAAKATU:20220325012524j:plain

 

 

 

 

「オレゴニアンキャンパーのグランドシートは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするグランドシート」

 

f:id:MAAKATU:20220325012513j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「ソロベース本体のサイズは、360×190で高さが110cmとこじんまりしたサイズ」

 

ソロテント用ということで、めちゃくちゃ大きくはありません。

 

幕内で、より広く使うには二股ポールがおすすめ。

 

f:id:MAAKATU:20220408011222j:plain

 

 

 

 

「二股ポールは、二又ソケット左右にポールを差し込み、ビルディングベルトをつけるだけ」

 

f:id:MAAKATU:20220408011219j:plain

 

 

 

 

「よくある二股ポールと同じ構造なので、設営するのに難しくはありません」

 

f:id:MAAKATU:20220408011217j:plain

 

f:id:MAAKATU:20220408011210j:plain

 

 


 

 

 

 

 

「ソロベースは、今流行りのソロテント」

 

f:id:MAAKATU:20220406013808j:plain




 

 

 

 

 

「ソロベースに、サイドフラップとスカートが付いているのがソロベースEX」

 

f:id:MAAKATU:20220408011214j:plain

 

 



 

 

 

 

「オレゴニアンキャンパーのグランドシートは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするグランドシート」

 

f:id:MAAKATU:20220325012513j:plain

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:MAAKATU:20220406013829j:plain



 

 

最近のソロテントの流行りは、ポリコットン素材のパップ型テントやワンポールテント。

 

その中で、人気があり売れているのが、バンドックから発売されているソロベース。

 

ソロベース本体のサイズは、360×190で高さが110cm。

 

背が低いので、ローチェアを使用すると圧迫感があります。

 

より広く使うには、お座敷スタイルがおすすめ。

 

ソロベースをお座敷スタイルにすることで、幕内で圧迫感がなく広く使うことが可能。

 

以上、「ソロベースの快適なレイアウトはこれがおすすめ!詳しくブログで紹介!」でした。